優先またはプロフェッショナルに分類されるお客様の注文

2009年第四四半期、特定の米国オプション取引所(CBOEおよびISE)において、「プロフェッショナル」(ブローカーディーラーと同じような方法で取引を行うことのできる情報および/またはテクノロジーにアクセスのある個人や機関)とみなされる一般顧客からの注文を区別する規則が実施されました。これに基づき、ブローカーディーラーではなく、特定の月に自身の口座のために毎日平均で390以上の上場オプション注文(約定したかどうかに関わらず)をすべてのオプション取引所に発注する口座は、プロフェッショナルとみなされるようになります。CBOEおよびISEによるオリジナルの実施以降、その他ほとんどの米国オプション取引所においても、「プロフェッショナル」注文の区別が実施されるようになりました。

プロフェッショナルのお客様の代理としてこれらオプション取引所に発注される注文は約定の優先を目的としてブローカーディーラーとして取り扱われ、リベート($0.65)から$1.12の手数料(オプションクラスにより)の範囲内で、コントラクトあたりの手数料の対象となります。 

ブローカーは暦四半期ごとにレビューを行い、この期間中の1ヶ月間に390注文の枠を超え、次の暦四半期にプロフェッショナルとして指定されるべき顧客を割り出すことが義務付けられます。この確認の際、スプレッド注文はスプレッドの各レッグを個別の注文として数えるのではなく、スプレッド注文ごとにひとつの注文として数えます。これによる影響のあるお客様には弊社よりご連絡を差し上げます。またスマートルーティング注文は、新しく発生する取引所手数料を考慮の上でルーティング先を決定するようにデザインされています。

詳細は以下のリンクをご覧ください:

ISE Regulatory Circular 2009-179

CBOE Regulatory Circular RG09-148