ストップ注文の使用に関する追加情報

米国の株式市場では、時おり極端な変動や価格の崩壊が発生することがあります。 この現象は長引くこともあれば、短時間で終わることもあります。ストップ注文は価格の下落や市場の変動を助長する役割を果たし、トリガー価格から大幅に離れた価格で約定する可能性があります。 

投資家は、株価が下落した場合や損失に歯止めをかけるため、売りのストップ注文を利用してポジションの利益を保護することができます。また、ショートポジションを保有している場合、価格が上昇する際には買いのストップ注文を利用して損失に歯止めをかけることができますが、ストップ注文は一度トリガーされると成行注文になるため、市場の状況変動が激しく予想価格から上下どちらとも大幅に離れた価格で約定する場合には特に、成行注文に伴うリスクにすぐに直面することになります。
 
ストップ注文はポジションの価格をモニターするにあたって便利なツールではありますが、ストップ注文に伴う潜在的なリスクがないわけではありません。ストップ注文を利用される際には、以下の点にご注意ください:
 
·         ストップ価格は保証される約定価格ではありません。「ストップ注文」は「ストップ価格」に達した時点で「成行注文」となり、この結果となる注文は、その時点の市場価格で全て速やかに約定する必要があります。このため、ストップ注文が最終的に約定する価格は、投資家の「ストップ価格」と大幅に異なることがあります。従って、成行注文となったストップ注文が速やかに約定する可能性がある半面、市場の変動が激しい場合には、約定価格がストップ価格と大幅に異なる可能性があります。
 
·         ストップ注文は短期で劇的な価格変動にトリガーされることがあります。市場の変動が激しい場合には短期間で株価が大幅に変動し、ストップ注文の約定をトリガーする可能性があります(また、後で以前の株価水準で取引を再開する可能性があります)。このような状況でストップ注文がトリガーされた場合、注文が期待に沿わない価格で約定することや、またその後、同じ取引日中に価格が安定する可能性がある事を理解する必要があります。
 
·         極端な変動の際、売りのストップ注文は価格の下落を悪化させることがあります。売りのストップ注文の発注により、有価証券の価格の下落につながる事があります。価格が急激に下落している際にストップ注文が発注されると、ストップ価格から大幅に低い価格で約定する可能性が高くなります。
 
·         ストップ注文に「指値」を付けることによって、リスクによってはいくらか管理できるようになります。「指値価格」付きのストップ注文(「ストップリミット注文」)は、株価が「ストップ価格」に到達するかこれを上回ると「指値注文」になります。 「指値注文」は、指定した価格(「指値価格」)かそれよりも良い価格で銘柄を売買する注文です。普通のストップ注文の代わりにストップリミット注文を利用すると、株価をより確実にすることができますが、売り注文の場合、選択する指値価格以下(買い注文の場合は指値価格以上)での約定はありえないため、注文が全く約定しない可能性も考慮に入れておく必要があります。価格には関係なくすぐに約定することよりも、希望する目標価格を達成することを優先する場合には、指値注文の利用を検討する必要があります。
 
·         ストップ注文に伴うリスクは市場の流動性がない時間や、市場の変動がより激しいオープンやクローズ時にはより高くなることがあります。これは流動性の低い株式の場合、その時点での価格レベルでは売却が難しく、市場の変動が激しい場合には特に価格が激しく上下する可能性があるため、特に重要になります。流動性の低い市場の時間帯や、市場の変動がより激しいオープンやクローズ時前後にストップ注文が発注されるのを防ぐため、ストップ注文の発注時間帯を制限することや、他の注文タイプの利用を検討する必要があります。
 
·         ストップ注文に伴うリスクを考慮し、取引ニーズに一致するその他の注文タイプの利用も慎重に検討する必要があります。

口座に保有されていない通貨建ての商品を取引する場合

特定の商品の購入と決済にどの通貨が必要となるかは、IBKRではなく上場取引所によって決定されます。例として、お客様が保有されていない通貨建ての有価証券を購入する取引を行うとし、またお客様がマージン口座と十分な証拠金を保有される場合、IBKRではこの資産に対してローンを組みます。これは、クリアリングハウスとの取引を、指定されている通貨のみで決済する義務がIBKRにあるためです。ローンおよびこれによる金利の発生をご希望でない場合には、あらかじめ必要となる通貨と金額を口座に入金するか、口座内の資金を両替する必要があります。どちらもTWSより、IdealPro(USD 25,000または同等額以上の場合)または奇数ロット(USD 25,000または同等額以下の場合)を利用してできます。

また、ある通貨建ての有価証券ポジションを決済すると、この通貨が口座に選択されている基準通貨であるかどうかに関わらず、収益はこの通貨に留まることにご注意下さい。よってこういった収益は通貨を両替するか、またはこの収益をその他の類似の通貨建ての商品に利用するまで、基準通貨に対する為替レートのリスクの対象となります。

アクティビティーステートメントのキャッシュ・レポートの項目に証券とコモディティの口座間の移動が表示される理由

IBKRでは規制のため、口座内の有価証券資産をコモディティ資産と分別することを義務とされています。  コモディティ資産には、先物ポジションのオプションの市場価値や、コモディティの先物や先物ポジションのオプトアウトのために証拠金として必要となる現金が含まれることがあります。  コモディティのポジションの必要証拠金は定期的に計算し直され、証拠金額が下がる場合には、コモディティの必要証拠金として余る分が口座のコモディティ側から有価証券側に移動します。 また、コモディティの必要証拠金額が上がる場合、IBKRでは有価証券側で利用可能な現金をコモディティ側に移します。 SIPC保険は口座内のコモディティ側ではなく、有価証券側の資産を対象としているため、定期的な移動は現金残高に対する保護が最大となるように行われます。 なお、これらの仕分けはお互いに相殺されるため、口座内の現金残高の合計には影響しません(アクティビティーステートメントの現金残高項目内の、「合計」コラムをご覧下さい)。

先物と先物オプションのための必要証拠金の計算方法

概観: 

先物オプションは、先物証拠金と同様に、SPANマージンと呼ばれる計算アルゴリズムで取引所によって管理されています。  SPANに関する詳細および機能は、CME Groupのウェブサイト、www.cmegroup.comをご参照下さい。  ウェブサイト内でSPANを検索すると、これに関する情報と機能が沢山見つかります。  SPAN(Standard Portfolio Analysis of Risk)のシステムは、 高度に洗練された手法で、事実上あらゆる市場シナリオを分析し、パフォーマンスボンドの必要額を算出します。

Background: 

一般的にSPANは以下のように機能します:

SPANは、デリバティブと現物銘柄のポートフォリオが一定の期間(通常は、1取引日)に合理的に発生させ得る最悪の損失を計算し、ポートフォリオ全体のリスクを査定します。これは様々な市場状況でポートフォリオに発生する利益と損失を計算して行われます。  この手法の中核となるのがSPANのリスク配列であり、様々な条件の下で特定のコントラクトがどのように価値を得る、または失うかを示す数値の組み合わせです。条件はそれぞれリスクシナリオと呼ばれます。各リスクシナリオの数値は、価格変動(または原資産価格)、ボラティリティ変動、満期までの時間短縮の特定の組み合わせにおいて、あるコントラクトに発生する利益または損失を表します。 

SPANマージンのファイルは取引所によって一定の間隔で1日中 IBKRに送信され、SPANマージン計算機能に接続されます。   先物オプションはすべて、満期になるか口座から決済されるまでリスクがあるものとして計算され続けます。  アウトオブザマネーになる可能性は関係ありません。  すべてのシナリオは、市場のボラティリティが極端になった場合に起こり得ることを考慮する必要があり、そのため、これら先物オプションの証拠金の影響は、オプションのポジションが存在しなくなるまで考慮される必要があります。 SPANの必要証拠金は、あらかじめ設定された極端な場合の市場変動シナリオと比較され、いずれか大きい方が必要証拠金として使用されます。

Margin Considerations for Intramarket Futures Spreads

Background

Clients who simultaneously hold both long and short positions of a given futures contract having different delivery months are often provided a spread margin rate that is less than the margin requirement for each position if considered separately. However, as the settlement prices of each contract may deviate significantly as the front month contract approaches its close out date, IBKR will reduce the benefit of the spread margin rate to reflect the risk of this price deviation.

 

Spread Margin Adjustment

This reduction is accomplished by effectively decoupling or breaking the spread in phases on each of the 3 business days preceding the close out date of the front contract month, as follows:

  • On the 3rd business day prior to close out, the initial and maintenance margin requirements will be equal to 10% of their respective requirements on each contract month as if there was no spread, plus 90% of the spread requirement;
  • On the 2nd business day prior to close out, the initial and maintenance margin requirements will be equal to 20% of their respective requirements on each contract month as if there was no spread, plus 80% of the spread requirement;
  • On the business day prior to close out, the initial and maintenance margin requirements will be equal to 30% of their respective requirements on each contract month as if there was no spread, plus 70% of the spread requirement.

 

Working Example

Assume a hypothetical futures contract XYZ with the margin requirements as outlined in the table below:

XYZ Front Month - 1 Short Contract (Uncovered) Back Month - 1 Long Contract (Uncovered) Spread - 1 Short Front Month vs. 1 Long Back Month
Initial Margin $1,250 $1,500 $500
Maintenance Margin $1,000 $1,200 $400

Further assume a position consisting of 1 short front month contract and 1 long back month contract with the front month contract close out date = T.  using this hypothetical example, the initial margin requirement over the 3 business day period preceding close out date is outlined in the table below:

Day Initial Margin Requirement Calculation Details
T-4 $500 Unadjusted
T-3 $725 .1($1,250 + $1,500) + .9($500)
T-2 $950 .2($1,250 + $1,500) + .8($500)
T-1 $1,175 .3($1,250 + $1,500) + .7($500)
T $1,175 Positions not in compliance with close out requirements are subject to liquidation.

 

How to Complete CFTC Form 40

Clients maintaining a U.S. futures or futures option position at a quantity exceeding the CFTC's reportable thresholds may be contacted directly by the CFTC file with a request that they complete a Form 40.  Contact will generally be made via email and clients are encouraged to respond to such requests in a timely manner to avoid trading restrictions and/or fines imposed by CFTC upon their account at the FCM. 

Completion of the Form requires the following steps:

  1. Register for a CFTC Portal Account - performed online at: https://portal.cftc.gov/Account/Register.aspx  Registration will require entry of the 9-digit code that the CFTC provided to you within the email requesting that you register. If you cannot locate your code or receive an invalid entry message, contact TechSupport@cftc.gov.  When entering "Organization Type" from the drop-down selector, choose "LTR (Large Traders)".

 

 

2. Complete Form 40 - You will receive an email notification from the CFTC once your Portal Account has been approved. Note that this approval may take up to 2 business days from the date you complete the New User Request Form. The email will contain a link to the Portal where you will be prompted to log in: https://portal.cftc.gov/

Instructions for completing the form are available at: https://www.ecfr.gov/cgi-bin/text-idx?node=ap17.1.18_106.a

Note that Portal provides the opportunity to save a copy of your submission in XML format, a recommended step, as this allows for uploading the file to the Portal should you need to make modifications at a later date. This will eliminate the need to renter the form in its entirety.

The CFTC will send a confirmation email upon successful completion of your Form 40.

 

3. Confirm with IBKR -  forward your confirmation email, or other evidence that you have submitted the Form 40 to cftc_form40_filing@interactivebrokers.com. This will assist to ensure that your account is not subject to CFTC directed restrictions or fines.

 

 

Overview of CFTC Form 40

The CFTC, the primary regulator of U.S. commodity futures markets and Futures Commission Merchants (FCMs), operates a comprehensive system of collecting information on market participants as part of its market surveillance and large trader reporting program.

IBKR, as a registered FCM providing clients with access to those markets, is obligated to report to the CFTC information on clients who hold a position in a quantity that exceeds defined thresholds (i.e., a "reportable position").  In order to report this information, IBKR requires clients trading U.S. futures or futures options to complete an online CFTC Ownership and Control Reporting form at the point the client requests futures trading permissions.

Once a client holds a "reportable position", the CFTC may then contact that client directly and require them to file  more detailed information via CFTC Form 40. The information required of this report includes the following:

  • Trader's name and address
  • Principal business
  • Form of ownership (e.g., individual, joint, partnership, corporation, trust, etc.)
  • Whether the reporting trader is registered under the Commodity Exchange Act
  • Whether the reporting trader controls trading for others
  • Whether any other person controls the trading of the reportable trader
  • Name and location of all firms through which the reportable trader carries accounts
  • Name and location of other persons providing a trading guarantee or having a financial interest in account of 10% or greater
  • Name of accounts not in the reporting trader's name in which the trader provides a guarantee or has a financial interest of 10% or more.

Clients who fail to complete this Form in a timely manner may be subject to trading restrictions and/or fines imposed by CFTC upon their account at the FCM.  It is therefore imperative that clients immediately respond to these CFTC requests.

To complete the CFTC Form 40, clients must first register for a CFTC Portal Account, an online process which is subject to a review period of 2 business days from the point of initial registration to acknowledgement of approval by the CFTC.  For information regarding this registration process and completing the Form 40, see KB3149.

 

IBKR OTC Futures on LME Metals – Facts and Q&A

The following article is intended to provide a general introduction to LME-based OTC Futures issued by IBKR.
 
Note: Residents of the US, Canada, Hong Kong, and Israel cannot trade IBKR LME OTC Futures.

 

Introduction

IBKR LME OTC Futures provide clients synthetic access to the London Metal Exchange, a peer to peer exchange not generally available to non-member investors.

The LME OTC Futures are OTC derivative contracts with IBUK as the counterparty. The LME OTC Futures reference the corresponding LME future in terms of price, lot size, type and specification but are themselves not registered contracts. Physical delivery is not permitted.

IBKR LME OTC Futures are traded through your margin account, and you can therefore enter long as well as short leveraged positions. Margin rates equal those established by the LME. Like other futures they are risk-based (SPAN), and therefore variable. Current margins range between 6 and 9% depending on the contract.

Contracts

IBKR offers OTC Futures on the 3rd Wednesday expirations for the following metals:

Metal IBKR Symbol Price USD/ Multiplier
High Grade Primary Aluminium AH Metric Ton 25
Copper Grade A CA Metric Ton 25
Primary Nickel NI Metric Ton 6
Standard Lead PB Metric Ton 25
Tin SNLME Metric Ton 5
Special High Grade Zinc ZSLME Metric Ton 25

3rd Wednesday Expirations

The LME features a range of contracts adapted to the needs of physical traders and hedgers. The principal among them are daily 3-month forwards used by physical traders to precisely match their hedges to their needs.

The 3rd Wednesday contracts are monthly contracts, like futures, and as such better adapted to the needs of financial traders. As the name suggests, they expire on the 3rd Wednesday of each month and, although physically settled on the LME, are strictly cash-settled at IBKR. The 3rd Wednesday contracts have become increasingly popular and account for 65% of open interest on the LME.

Quotes and Market Data

IBKR streams quotes from the LME (L2 market data) and does not widen the quote. Every client order is first hedged on exchange and the LME OTC order filled at the price of the hedge.

Cash Flows

Daily variation margin and realized P&L for the IBKR LME OTC Futures are cash-settled daily, like a standard future. By contrast, cash flows for the underlying LME contract are only settled after the contract has expired.

Margins

The margin requirements for the IBKR LME OTC Futures equal the requirement for the underlying contract on the LME. LME uses Standard Portfolio Analysis of Risk (SPAN) to calculate Initial Margin.

Like for other futures, the margin rates are established as an absolute value per contract and usually updated monthly.

Trading Permissions

You will need to set up permissions for United Kingdom Metals in Client Portal.

Market Data

You will need a subscription for Level II London Metal Exchange, currently GBP 1.00.

LME OTC Resources

Product Listings & Links to Contract Details
Commissions
Margin Requirements

Frequently asked Questions

What do I need to do to start trading LME OTC Futures?
You need to set up trading permission for United Kingdom Metals in Client Portal. If you have an IB LLC or an IB UK account carried by IB LLC we will set up a new account segment (identified with your existing account number plus the suffix “F”). Once the set-up is confirmed you can begin to trade. You do not need to fund the F segment separately; funds will be automatically transferred from your main account to meet margin requirements.

How are my LME OTC Futures trades and positions reflected in my statements?
Your positions are held in a separate account segment identified by your primary account number with the suffix “F”. You can choose to view Activity Statements for the F-segment either separately or consolidated with your main account. You can make the choice in the statement window in Client Portal.

What account protections apply when trading LME OTC Futures?
LME OTC Futures are contracts with IB UK as your counterparty, and are not traded on a regulated exchange and are not cleared on a central clearinghouse. Since IB UK is the counterparty to your trades, you are exposed to the financial and business risks, including credit risk, associated with dealing with IB UK. Please note however that all client funds are always fully segregated, including for institutional clients. IB UK is a participant in the UK Financial Services Compensation Scheme ("FSCS"). IB UK is not a member of the U.S. Securities Investor Protection Corporation (“SIPC”).

Can I trade LME OTC Futures over the phone?
No. In exceptional cases we may agree to process closing orders over the phone, but never opening orders.

MIFID II Commodity Position Limits

Background

On 3 January 2018, a new Directive 2014/65/EC (“MiFID II”) and Regulation (EU) No 600/2014 (“MiFIR”) will become effective, introducing new requirements on position limits and position reporting for commodity derivatives and emission allowances.

National Competent Authorities (“NCAs”) (i.e. regulators) of each European Economic Area (“EEA”) Country will calculate the limits on the size of the net position that a person can hold in commodity derivatives traded on an EU venue or its “economically equivalent contracts” (“EEOTC”).

The European Securities and Markets Authority (“ESMA”) intends to publish approved position limits on its website.
Limits will be set for the spot month and all other months, for both physically settled and cash settled commodities.
Investment firms trading in commodity derivatives and emissions allowances are obliged, on a daily basis, to report
their own positions in commodity derivatives traded on a trading venue and EEOTC contracts, as well as those of
their clients and the clients of those clients until the end client is reached, to the NCA.

Clients holding positions have to be identified using specified National Identifiers for individuals and LEIs for
organisations under MiFID II.

Interactive Brokers’ Implementation of the Requirements

In order to comply with its reporting obligations, IB will not allow its clients to trade if they have not provided the
specific National Identifier or LEI that is necessary for reporting positions of in scope financial products.

Whenever possible, IB will act to prevent account holders from entering transactions that may result in a position
limit violation. This process will include monitoring account activity, sending a series of notifications intended to
allow the account holder to self-manage exposure and placing trading restrictions on accounts approaching a limit.

Examples of notifications which are sent via email, TWS bulletin and Message Center are as follows:

  1. Information Level: sent when the position exceeds 50% of the limit. Intended to inform as to the existence of the position limit and its level.
  2. Warning Level: sent when the position exceeds 70% of the limit. Intended to provide advance warning that account will be subject to trading restrictions should exposure increase to 90%.
  3. Restriction Level: sent when the position exceeds 90% of the limit. Provides notice that account is restricted to closing transactions until exposure has been reduced to 85%.
     

IBKRでのビットコイン先物の取引

取引シンボルは何ですか?

CME(ビットコイン先物): 原資産シンボルのBRRを入力して先物を指定します

CME(イーサリアム先物): 原資産シンボルのETHUSDRRを入力して先物を指定します

ICE(Bakkt®ビットコイン先物): 原資産シンボルのBAKKTを入力して先物を指定します

 

取引時間はどうなっていますか?

CME: シカゴ時間で日曜から金曜の17:00 – 16:00

ICE: シカゴ時間で日曜から金曜の19:00 – 17:00

通常取引時間以外の取引をご希望の場合や、通常取引時間以外の注文のトリガーをご希望の場合には、これに対して適格な設定が必要となります。下記の手順に沿って設定してください:

  • 先物注文の事前設定経由で。クラシックTWS内ではグローバル設定から変更をクリックしてください。モザイク内ではグローバル設定からファイルをクリックしてください。左側にある事前設定を拡張して先物を選択します。最初の項目はタイミングです。ここで「取引時間外の(該当する場合には)注文の有効化、トリガーおよび約定を許可する」ボックスにチェックを入れてください。適用をクリックしてから、OKをクリックしてください。
  • 注文ライン経由で。クラシックTWSおよびモザイクのどちらからも 注文有効期限の欄をクリックし、画面下の「通常時間外トリガー」にチェックを入れてください。WebTraderからは注文ラインの終わりにある「取引時間外約定」にチェックを入れてください。
  • 注文チケット経由で。注文有効期限の項目より、「注文の通常取引時間外の約定を許可する」のボックスにチェックを入れてください。

通常取引時間外の先物取引に関する詳細は以下のリンクをご確認ください:
https://www.interactivebrokers.com/en/index.php?f=719

 

コントラクトの仕様に関する情報はどこから入手できますか?

CME(ビットコイン先物): http://www.cmegroup.com/trading/bitcoin-futures.html?itm_source=cmegroup&itm_medium=flyout&itm_campaign=bitcoin&itm_content=tech_flyout

CME(イーサリアム先物): https://www.cmegroup.com/trading/ether-futures.html

ICE(Bakkt®ビットコイン先物): https://www.theice.com/products/72035464/Bakkt-Bitcoin-USD-Monthly-Futures-Contact

 

取引に規制はありますか?

IRAやSIPPなどの退職金口座、また日本居住のお客様にはお取引いただけません。

 

必要証拠金はどうなっていますか?

シンプルなロングポジションのための必要証拠金は、 前日の時点で主要となる月の決済価格の50%に設定されます。シンプルなショートポジションの場合、証拠金率は日次の決済価格の100%になります。

スプレッド・マージン: ロングとショートの各コントラクト(ロングとショートの両レッグに対し50%とし)に必要となる維持証拠金間の差額、また各スプレッドに対し、取引き可能なXBT先物コントラクト内で最大の日次決済価格の25%に相当するスプレッド費用となります。

IBKRではマージンコールを行うことは無く、IBKRの裁量によって必要証拠金が変更される可能性があることをご了承ください。

すべての商品に関する現在に必要証拠金に関する詳細は、IBKRウェブサイトの以下の項目をご参照ください: https://www.interactivebrokers.com/en/index.php?f=24176

 

手数料はどうなっていますか?

CMEおよびICE商品の暗号通貨先物に対する手数料は、コントラクト1枚あたりUSD 10になります。IBKRでは取引所手数料、規制当局手数料およびクリアリング機関手数料をパススルー致します。

取引所手数料、規制当局手数料およびクリアリング機関手数料に関する詳細は、弊社ウェブサイトの手数料ページをご確認ください:
https://www.interactivebrokers.com/en/index.php?f=commission&p=futures1

 

どういった取引許可が必要となりますか?

暗号通貨先物の取引には、米国における暗号通貨による先物取引のための許可が必要となります。米国暗号通貨先物用の取引許可は、クライアント・ポータルにログインし、ユーザーメニュー(右上にある人型のアイコンです)をクリックしてから、口座管理を選択してリクエストしてください。右上端にある取引経験 & 取引許可の項目にある、ギヤアイコンをクリックしてください。「先物」の項目に進み、「United States (Crypto)」にチェックを入れてください。

 

マーケットデータはどのように購読できますか?

暗号通貨先物のライブ・クオートは、購読料をお支払いただくことにより、クライアント・ポータルよりご購読ができます。以下の購読が可能です(購読にかかる月額料金はIBKRウェブサイトに掲載されています):

CME (Exchange = CME. IB Exchange = CME)

一般投資家向け

  • Level 1: CME Real-Time Non-Professional Level 1
  • Level 1: US Securities Snapshot and Futures Value Bundle (NP,L1)
  • Level 2: CME Real-Time Non-Professional Level 2
  • Level 2: US Value Bundle PLUS (NP,L2)
    • US Securities Snapshot and Futures Value Bundleが必要となります。
    • 板情報用です。

特定投資家向け

  • Level 2: CME Real-Time Professional Level 2(CME Pro level 1商品はありません)

ICE (Exchange = ICE, IB Exchange = ICECRYPTO)

  • Level 2: ICE Futures US - Digital Asset Futures Level 2 (プロフェッショナルまたは一般購読者のお客様にご利用いただけるlevel 1商品はありません)

 

目次に戻る: IBKRにおけるビットコインおよびその他の暗号通貨商品

 

Syndicate content