オプションのための証拠金計算に使用される公式

概観: 

オプションの必要証拠金は、様々な数式を使用して計算されます。  どの数式が使用されるかはオプションのタイプ、またはシステムの指定するストラテジーによります。  様々なストラテジーに適用される細かい数式は相当な数存在します。  詳細は IBKRホームページ、www.interactivebrokers.comよりご確認下さい。  取引メニューに進み、証拠金をクリックして下さい。  必要証拠金のページより、オプションのタブをクリックして下さい。  可能なストラテジーすべてと、それぞれに適用される数式がページに表示されます。

Background: 

上記の情報は、株式オプションと指数オプションに適用されます。  先物のオプションは、SPANマージンと呼ばれる別の方法を使用します。  SPANマージンに関する詳細は、こちらのページより「SPAN」または「先物オプション証拠金」と入力して検索して下さい。 

先物と先物オプションのための必要証拠金の計算方法

概観: 

先物オプションは、先物証拠金と同様に、SPANマージンと呼ばれる計算アルゴリズムで取引所によって管理されています。  SPANに関する詳細および機能は、CME Groupのウェブサイト、www.cmegroup.comをご参照下さい。  ウェブサイト内でSPANを検索すると、これに関する情報と機能が沢山見つかります。  SPAN(Standard Portfolio Analysis of Risk)のシステムは、 高度に洗練された手法で、事実上あらゆる市場シナリオを分析し、パフォーマンスボンドの必要額を算出します。

Background: 

一般的にSPANは以下のように機能します:

SPANは、デリバティブと現物銘柄のポートフォリオが一定の期間(通常は、1取引日)に合理的に発生させ得る最悪の損失を計算し、ポートフォリオ全体のリスクを査定します。これは様々な市場状況でポートフォリオに発生する利益と損失を計算して行われます。  この手法の中核となるのがSPANのリスク配列であり、様々な条件の下で特定のコントラクトがどのように価値を得る、または失うかを示す数値の組み合わせです。条件はそれぞれリスクシナリオと呼ばれます。各リスクシナリオの数値は、価格変動(または原資産価格)、ボラティリティ変動、満期までの時間短縮の特定の組み合わせにおいて、あるコントラクトに発生する利益または損失を表します。 

SPANマージンのファイルは取引所によって一定の間隔で1日中 IBKRに送信され、SPANマージン計算機能に接続されます。   先物オプションはすべて、満期になるか口座から決済されるまでリスクがあるものとして計算され続けます。  アウトオブザマネーになる可能性は関係ありません。  すべてのシナリオは、市場のボラティリティが極端になった場合に起こり得ることを考慮する必要があり、そのため、これら先物オプションの証拠金の影響は、オプションのポジションが存在しなくなるまで考慮される必要があります。 SPANの必要証拠金は、あらかじめ設定された極端な場合の市場変動シナリオと比較され、いずれか大きい方が必要証拠金として使用されます。

IBKR Australia Margin Accounts

Interactive Brokers Australia Pty Ltd (“IBKR Australia”), which holds an Australian Financial Services License (“AFSL” No. 453554), has been established. IBKR Australia is headquartered in Sydney and has been set up to provide services to our Australian clients. IBKR Australia clients, products and services have some unique characteristics when compared to the Interactive Brokers (“IBKR”) global account and product suite. The purpose of this document is to outline IBKR Australia margin lending offering.

Margin Accounts

IBKR Australia offers two types of margin accounts that will provide all clients excluding SMSF clients with the ability to create portfolios to the maximum degree of risk taking/leverage allowed by IBKR Australia. The two account types are:

• Leveraged Trading account

o Available for both natural persons and non-natural persons, regardless of their regulatory status. However, there are some important differences between the margin accounts available for retail clients and wholesale clients, as outlined below.

• Professional account

o Available primarily for non-natural persons that are confirmed as a professional investor.

Refer to this link for information regarding Australian regulatory status under IBKR Australia.

Important characteristics of IBKR Australia margin accounts are as follows:

• All eligible margin accounts employ a risk-based model to calculate margin requirements. Please click [here] for more details.

• Interest rates on financing may vary depending on the type of client obtaining margin. Please click [here] for more details.

• For all natural person clients (e.g. individuals), only cash or marketable securities may serve as collateral for the margin lending facility, and the collateral deposited must be unborrowed & otherwise free of any mortgage or lien or other encumbrance.

• For all natural person clients, you may only withdraw funds from the margin facility for the limited purpose of repaying another margin lending facility which was used to acquire financial products.

o However, if you are classified as retail you will be not permitted to withdraw from the margin facility if you are already borrowing funds via that facility, i.e. if you are already negative cash, or otherwise if the withdrawal would place your account into cash deficit.

• All retail natural person clients must meet specific financial thresholds in order to be granted a margin account, specifically income must be greater than AUD $40,000 or Liquid net worth must be greater than AUD $100,000. In addition, IBKR Australia is obliged to verify that the information concerning the client’s financial situation that was collected during the application is accurate and complete. If the verified information concerning the client’s financial situation does not meet the thresholds stated above and/or are not comparable to the financials declared by the client during the application, the client will not be granted margin. However, if the client has a valid and recent Statement of Advice (“SOA”) from their registered financial advisor or financial planner that recommends that the client can be issued a margin lending facility and that SOA is made available to IBKR Australia, this additional verification of the client’s personal financial position will not be required.

• In addition retail natural person clients will not be granted a margin account if their occupation is either retired or unemployed or student.

• For all retail clients (both natural person and non-natural person clients), margin loans will be capped at a specific amount (currently set at AUD $50,000, subject to change in IBKR Australia’s sole discretion). However, how much a client can borrow depends on a number of factors, including: the value of the money or assets contributed by the client as security; which financial products the client chooses to invest in, as we lend different amounts for different products under our risk-based model; and the maintenance margin requirement for the client’s portfolio. Once a client reaches their borrowing limit they will be prevented from opening any new margin increasing position. Closing or margin-reducing trades will be allowed. Please click [here] for more details.

• For the non-natural person clients that are NOT categorized as retail clients, IBKR Australia is permitted to utilize for financing purposes a portion of the loan value of the stock these customers hold with IBKR Australia. In simple terms, IBKR Australia borrows money from a third party (such as a bank or broker-dealer), using the customer's margin stock as collateral, and it lends those funds to the customer to finance the customer's margin purchases.

• Please take particular note of how we determine natural person v non-natural person for IBKR Australia trust accounts, as detailed above. It is imperative that if you hold a trust account with IBKR Australia and there exists individuals (natural persons) that are labelled as trustees in your account, then even if you have a corporate trustee, that trust would be considered a natural person trust. The difference between a natural person and non-natural person margin account can be significant as shown above. As a result, please contact customer service if you need to modify trustees.

なぜ強制決済になったのでしょうか?

概観: 

強制決済の大半は証拠金不足が原因で発生します。  マージン口座に適用される証拠金不足には、主に維持証拠金とReg. T 証拠金の2種類があります。

証拠金の不足に加えて、強制決済は期限切れ後のエクスポージャーや、口座の種類や口座内の特定の保有物に依存する他の様々な口座固有の理由で発生する場合があります。 口座のコンプライアンスを確保するために適用され、強制決済につながる可能性のあるリスク管理アルゴリズムの詳細なリストについては、弊社ウェブサイトの「取引」 - 「マージン」をご覧ください。

 

Background: 

1.  維持証拠金不足:  口座において、貸付金額を含む資産価値(ELV)は、その口座で保有されているポジションの現座の維持証拠金(MMR)よりも常に大きくなければなりません。  貸付金額を含む資産価値(ELV)と現在の維持証拠金(MMR)の差は現在の維持証拠金余力(Current Excess Liquidity)です。そのため、口座状況をモニターする簡単な方法として、口座内の現在の維持証拠金余力は常にプラスである必要があります。  口座内の現在の維持証拠金余力がマイナスになった場合、維持証拠金不足となります。 

2.  Reg T 証拠金不足:  口座ウィンドウの残高の項目に「Special Memorandum Account(SMA)」という数字があります。  米国連邦政府ではReg Tマージン口座に対して、各取引日の15:50-17:20(米国東部標準時間)を強制決済の執行時間として設定しています。  SMAの残高はこの間、プラスでなければなりません。  米国東部標準時間15:50-17:20の間のいずれかの時点でSMAがマイナスになった場合、これはReg T 証拠金不足となります。 

証拠金不足が発生した場合、口座はリアルタイムで自動的に強制決済されます。  強制決済される際にはその時点の市場価格で行われ、状況により口座内のすべてまたはいくつかのポジションが強制決済されます。

特別な必要証拠金の対象となる有価証券に関するよくあるご質問

GME、AMC、BB、EXPRならびにKOSSには現在今までにないボラティリティが発生しており、このためこちらの有価証券に以前はご利用可能となっていたレバレッジが下がり、また場合によってはリスクを下げる取引のみに規制が設けられています。下記はこちらに関するよくあるご質問をまとめたものになります。

 

Q: 今回のボラティリティの影響を受けたGMEやその他の米国証券の取引に対する規制は何かありますか?

A: IBKRでは今回市場のボラティリティの対象となったGME、AMC、BB、EXPRならびにKOSSの株式や、 その他の株式に対して現在規制を設けておりません。これは新しいポジションのオープン取引と既存のポジションのクローズ取引の両方を対象としています。

他社と同様、弊社におきましても今回のボラティリティの対象となった特定の株式に対して一定期間クローズのみの規制を設けておりましたが、こちらの規制はすでに外されています。

IBKRでは既存のポジションのクローズ取引に対する規制は設けておらず、今後もその様にする予定はございません。

 

Q: 対象銘柄の株式やオプション、またその他のデリバティブ商品をIBKRで取引するにあたって証拠金の利用はできますか?

A: IBKRでは今回ボラティリティの対象となったGMEとその他の米国証券に対して必要証拠金率を上げており、ロングポジションは100%、またショートポジションは300%まで必要証拠金が増額しています。必要証拠金は注文を発注される前に取引プラットフォームよりご確認ください。

 

Q: 特定の証券のオープン取引に対して規制が導入されているのはなぜですか?

A: 市場の変化が激しく一定していないため価格も大きく変動しており、これによって弊社のお客様と弊社に多大な損失が発生することのない様、リスク管理として規制を導入しております。

IBKRではクリアリング機関や証券会社などに対する今回の不自然なボラティリティによる影響を今後もモニターしていきます。

 

Q: IBKRとその関連会社では規制の導入が必要となる銘柄のポジションを保有していますか?

A: いいえ。IBKRではこれら対象証券のポジションを保有しておりません。

 

Q: IBKRではこの様な規制を導入することができるのでしょうか?

A: 顧客同意書に基づき、IBKRではその裁量によってお客様からのご注文を拒否することができます。

IBKRではまた、オープンポジションや新規のポジションに対する必要証拠金を裁量によって変更する権利を有します。 これはIBKRが証拠金取引に必要となる証拠金を貸し出しているためです。

 

Q: 規制はすべてのクライアントを対象としていますか?それとも特定のグループのみを対象とするのでしょうか?

A: 今回設定された新規ポジションのオープン取引に対する制限と証拠金の増額はすべてのお客様を対象としています。規制はお客様の区分ではなく、対象となる有価証券に基づいて設定されています。

 

Q: IBKRに保有している資金にリスクはありますか?IBKRに損失は発生しているのでしょうか?

A: IBKRに多大な損失は発生しませんでした。IBKRではリスク管理を慎重に行っており、今回のボラティリティによる影響をそれほど受けていません。何等かの状況に至った場合でもIBG LLCでは9億ドルを超える自己資本を保有しており、規制によって必要とされる資本を6億ドル上回っています。

 

Q: IBKRでは今後この状況をどのように対処していきますか?また案内はどのようになっているのでしょうか?

A: IBKRではマーケットの状況を今後もモニターし、状況に基づいて判断していきます。現状は弊社のウェブサイトより継続してご確認いただきますようお願い致します

FAQs: Securities subject to Special Requirements

We are seeing unprecedented volatility in GME, AMC, BB, EXPR, KOSS and a small number of other U.S. securities that has forced us reduce the leverage previously offered to these securities and, at times, limit trading to risk reducing transactions. Outlined below are a series of FAQs relating to these actions.

 

Q: Are there any current restrictions on my ability to trade GME and the other US securities that have been subject to the recent heightened volatility?

A: IBKR is currently not restricting customers from trading shares of AMC, GME, BB, EXPR, KOSS or the other stocks that have been the subject of extreme market volatility. That includes orders to open new positions or close existing ones.

Like many brokers, IBKR placed limits on opening new positions in certain of these securities for a period of time. Those restrictions have since been lifted.

IBKR has not restricted customers’ ability to close existing positions and does not plan to do so.

 

Q: Can I use margin in trading stocks, options or other derivatives on these products through IBKR?

A: IBKR has increased its margin requirements for securities in GME and the other US securities subject to the recent volatility, including up to 100% margin required for long positions and 300% margin on the short side. You can see these margin requirements in your trading platform prior to submitting an order.

 

Q: Why did IBKR place these restrictions on my ability to open new positions in certain securities?

A: IBKR took these actions for risk management purposes, to protect the firm and its customers from incurring outsized losses due to wild swings in prices in a volatile and unstable marketplace.

IBKR remains concerned about the effect of this unnatural volatility on the clearinghouses, brokers and market participants.

 

Q: Does IBKR or its affiliates have positions in these products that it was protecting by placing these restrictions?

A: No. IBKR itself has no proprietary positions in any of the securities.

 

Q: What allowed IBKR to place those restrictions?

A: Pursuant to its customer agreement, IBKR may decline to accept any customer’s order at IBKR’s discretion.

IBKR also has the right to modify margin requirements for any open or new positions at any time, in its sole discretion. After all, IBKR is the one whose money is being loaned in a margin trade.

 

Q: Did those restrictions apply to all or just some of IBKR’s customers?

A: All restrictions – all limits on opening new positions and margin increases – applied to all IBKR customers. They were placed based on the security, not based on the customer.

 

Q: Is my money at IBKR at risk? Has IBKR suffered material losses?

A: IBKR did not incur substantial losses. Through its prudent risk management, IBKR has navigated this market volatility well. In any event, on a consolidated basis, IBG LLC exceeds $9 billion in equity capital, over $6 billion in excess of regulatory requirements.

 

Q: What will IBKR do going forward? How will I know?

A: IBKR will continue to monitor developments in the market, and will make decisions based on market conditions. For current information, please continue to visit our website.

リスク・ナビゲーター: 代替となる証拠金計算機能

概観: 

弊社では証拠金レベルを定期的に見直し、市況の許す法定最小限以上に上げるための変更を行います。 こういった変更がポートフォリオに与える影響をご理解いただくサポートとして、弊社では「代替となる証拠金計算機能」をリスクナビゲーター内でご提供しています。下記は証拠金へのインパクトを左右する「What-if(仮想)」ポートフォリオ作成のステップとなります。

ステップ 1: 新しい「What-if(仮想)」ポートフォリオを開く

クラシックTWS取引プラットフォームからは、 分析ツールリスク・ナビゲーターと進み、新しいWhat-Ifを開くメニューを選択してください(表示1)。

表示 1
 

モザイクTWS取引プラットフォームからは、新規ウィンドウリスク・ナビゲーターと進み、新しいWhat-Ifを開くメニューを選択してください。

ステップ 2: 開始時のポートフォリオを設定する

ポップアップ・ウィンドウが表示され(表示 2)、お客様の現在のポートフォリオから仮想ポートフォリオを作成するか、または新しいポートフォリオを作成するか質問されます。「はい」をクリックすると既存のポジションが新しい「What-If」ポートフォリオにダウンロードされます。

表示 2
 

「いいえ」をクリックするとポジションは入力せずに「What-If」ポートフォリオが開きます。


リスク・ダッシュボード

リスク・ダッシュボードは商品タブに並んでピンされ、「what-if」および実際のポートフォリオの両方に利用できます。「What-if」ポートフォリオの場合には値がオンデマンドで計算されます。ダッシュボードには以下を含める口座情報が一目で分かるように表示されます:

1) 流動性資産価値: 口座の流動性資産価値
2) 損益: ポートフォリオ全体の日次の損益合計
3) 維持証拠金: 現在の維持証拠金の合計
4) 委託証拠金: 委託証拠金の合計
5) VAR: ポートフォリオ全体のバリューアットリスク(VAR)
6) 予想される不足額(ES): 最悪のシナリオにおけるポートフォリオのリターンである予想される不足額(平均リューアットリスク)
 

 

代替となる証拠金計算機能

設定メニューより証拠金モード(表示 3)をクリックしてアクセスできる「代替となる証拠金計算機能」は、証拠金が変更された場合の必要証拠全体金への影響を割り出します。

表示 3
 

 

ステップ 3: 証拠金モード設定の選択

証拠金モード設定とタイトルのついたポップアップ・ウィンドウが表示されます(表示 4)。ウィンドウ内のドロップダウンメニューを利用して、証拠金計算をデフォルト(現在のポリシー)から、新しい証拠金設定(新しい証拠金ポリシーとして)の新しいタイトル に変更します。選択したらウィンドウ内の「OK」ボタンをクリックしてください。

表示 4
 

新しい証拠金モード設定が指定され次第、リスク・ナビゲーターのダッシュボードがこれを反映して自動的に更新されます。証拠金モード設定はどちらにでも簡単に切り替えることができます。現在の証拠金モードはリスク・ナビゲーターのウィンドウ(表示 5)の左下端に表示されます。

表示 5
 

 

ステップ 4: ポジションの追加

「What-If」ポートフォリオにポジションを追加するには、先ず「新規」とタイトルのついた緑色の列をクリックしてから原資産シンボルを入力してください(表示 6)。この後、商品タイプを指定してから(表示 7)ポジションの数量を入力してください(表示 8)。

表示 6
 

 

表示 7

 

表示 8

 

ポジションを変更して、これによる証拠金への影響を見ることができます。ポジションの変更後は証拠金額の右にある再計算アイコン()をクリックして、アップデートしてください。アイコンが表示されている場合には、証拠金額がWhat-If ポートフォリオの内容と一致していないことを意味します。

 

満期前のオプション割当て

アメリカスタイルのオプションの売り手(ライター)は、オプションが満期になるまでいつでも権利行使を割当てられる可能性があります。これはオプションの売り手が、オプションを売却したあと満期になるまで、またはオプションコントラクトの売り手が買い戻してクローズするまで、いつでも割当ての対象となることを意味します。早期の権利行使はコールまたはプットの所有者が満期になる前に自分の権利を行使しようとする場合に発生します。オプションの売り手は割当てをコントロールすることはできず、またこれがいつ発生するかを正確に把握することはできません。一般的に割当てのリスクは満期に近づくほど高くなりますが、アメリカスタイルのオプション取引にはいつでも割当てが発生する可能性があります。

ショートプット

プットを売却する際、売り手は原資産株か資産を特定の価格(権利行使価格)と特定の時間枠(満期日)で購入する義務があります。オプションの権利行使価格が株式の現在の市場価格より低い場合、市場価格の方が権利行使価格より高いため、オプション保有者は株式の売却によって利益を得ることがありません。逆にオプションの権利行使価格が株式の現在の市場価格より高い場合、オプションの売り手には割当てのリスクが発生します。

ショートコール
コールの所有者は売却によって、売り手から特定の時間枠で株式を購入、または「コール」する権利を得ることができます。株式の市場価格がオプションの権利行使価格より低い場合、コール所有者は市場価格以上で株式をコールしても利益を得ることがありません。 株式の市場価格がオプションの権利行使価格より高い場合、コール所有者は市場価格以下で株式をコールすることができます。ショートコールはインザマネーの場合や、配当金が予定されていてショートコールの付帯的価値が配当金より低い場合には、割当てのリスクが発生します。

オプションはどうなりますか?
ショートコールが割当てられる場合、ショートコールの所有者には空売り株が割当てられます。例えば、ABC社の株式が$55で取引されていてショートコールが$50の権利行使価格で割当てられる場合、ショートコールは$50で株式の空売り株に変換されます。口座保有者はこの後、株式を市場価格の$55で買い戻してショートポジションをクローズすることができます。100株の場合の損失額の合計は$500になり、 コールの売却によってクレジットが元より下がります。

ショートプットが割当てられる場合、ショートプットの所有者にはプットの権利行使価格でロングの株式が発生します。例えば、XYZ社の株式が$90で取引されていてショートプットの売り手に$96の権利行使価格で株式が割当てられる場合、プットの売り手には権利行使価格の$96以上の市場価格で、株式を購入する義務が発生します。口座保有者が$90で株式のロングポジションをクローズすると仮定すると、100株の場合の損失額の合計は$600になり、プットの売却によってクレジットが元より下がります。

オプションの割当てによる証拠金不足
割当てが満期前に行われ株式のポジションが証拠金不足につながる場合には、弊社の証拠金ポリシーに基づき、証拠金不足を解消するために口座は自動強制決済の対象になります。強制決済はオプションポジションの結果として発生した株式に限られません。 

またオプションスプレッドのショートレッグに割当てられた口座に対し、弊社ではこの口座の保有するロングオプションを権利行使することはありません。 IBKRではロングオプション保有者の意図を推測できません。また満期前のロングオプションの権利行使は、オプションの売却によって実現可能な時間価値の喪失につながる可能性があります。

満期後のエクスポージャー、コーポレートアクション、および権利落ちなどのイベント
弊社では特定の満期やコーポレートアクション関連のイベントに基づいて、リスクを軽減する手順をご用意しています。満期に関する弊社のポリシーは、IBKRナレッジーベース「満期に関わる強制決済」をご参照ください

口座をお持ちのお客様は、口座申請の時点でオプションの取引資格の対象となるすべてのお客様に対してIBKRよりご提供させていただいている「一般的なオプション取引に掛る商品性とリスクに関するディスクロージャー」をご参照の上、ここに明記される割当てに関するリスクをご確認ください。 こちらの資料はOCCのウェブサイトからもご参照可能です。

Risk Based Margin Considerations

  LLC Risk Based (i.e. Portfolio Margin)  Non-LLC Risk Based Margin
$110,000 initial value requirement Yes N/A
Minimum equity to operate on margin USD 100,000 IB-HK: USD 2,000
IB-AU: AUD 2,000
IB-LUX, IB-IE and IB-CE: EUR 2,000
IB-SG: SGD 2,000
 
Full options trading approval Yes N/A
PDT         Yes N/A
Stress testing Yes Yes
Dynamic House Scanning Charges (TOMS) ¹ Yes Yes
Shifts in option Implied Volatility (IV)  Yes Yes
A $0.375 multiplied by the index per contract minimum is computed (Only applied to Portfolio Margin eligble products) Yes Yes
Initial margin will be 110% of Maintenance Margin (US securities only) Yes Yes
Initial margin will be 125% of Maintenance Margin (Non-US securities) Yes Yes
Extreme Price Scans Yes Yes
Large Position Charge (A position which is 1% or more of shares outstanding)  Yes Yes
Days to Liquidate (A large position in relation to the average daily trading volume, which may result in higher initial margin requirements) Yes Yes
Global Concentration Charge (2 riskiest position stressed +/-30% remaining assets +/-5%) Yes Yes
Singleton Margin Method for Small Cap Stocks (Stress Test which simulates a price change reflective of a $500 million USD in market capitalization)² Yes Yes
Singleton Margin Method for stocks domiciled in China (Stress Test which simulates a price change reflective of a $1.5 billion USD in market capitalization)² Yes Yes
Default Singleton Margin Method (Stress Test which simulates a price change +30% and down -25%)² Yes Yes
Singleton Margin Method for HK Real Estate Stocks (Stress test  +/-50%)² Yes Yes

1  Dynamic House Scanning Charges are available only on select exchanges (Asian Exchanges and MEXDER)
2  IBKR will calculate the potential loss for each stock and its derivates by subjecting them to a stress test. The requirement for the stock (and its derivatives) which projects the greatest loss in the above scenario will be compared to what would otherwise be the aggregate portfolio margin requirement, and the greater of the two will be the margin requirement for the portfolio
 

 

Syndicate content