Key Information Documents (KID)

概観: 

IBKR is required to provide EEA and UK retail customers with Key Information Documents (KID) for certain financial instruments, and Key Investor Information Documents (KIID) for funds.

Relevant products include ETFs, Futures, Options, Warrants, Structured Products, CFDs and other OTC products. Funds include both UCITS and non-UCITS funds available to retail investors.

Generally KIDs or KIIDs must be provided in an official language of the country in which a client is resident.

However, clients of IBKR have agreed to receive communications in English, and therefore if a KID or KIID is available in English all EEA and UK clients can trade the product regardless of their country of residence.

In cases where a KID or KIID is not available in English, IBKR additionally supports the German, French and Dutch languages as follows:
German: The product can be traded by residents of Germany, Austria, Belgium, Luxembourg and Liechtenstein.
French: The product can be traded by residents of France, Belgium and Luxembourg.
Dutch: The product can be traded by residents of the Netherlands and Belgium.
 

ストップ注文の使用に関する追加情報

米国の株式市場では、時おり極端な変動や価格の崩壊が発生することがあります。 この現象は長引くこともあれば、短時間で終わることもあります。ストップ注文は価格の下落や市場の変動を助長する役割を果たし、トリガー価格から大幅に離れた価格で約定する可能性があります。 

投資家は、株価が下落した場合や損失に歯止めをかけるため、売りのストップ注文を利用してポジションの利益を保護することができます。また、ショートポジションを保有している場合、価格が上昇する際には買いのストップ注文を利用して損失に歯止めをかけることができますが、ストップ注文は一度トリガーされると成行注文になるため、市場の状況変動が激しく予想価格から上下どちらとも大幅に離れた価格で約定する場合には特に、成行注文に伴うリスクにすぐに直面することになります。
 
ストップ注文はポジションの価格をモニターするにあたって便利なツールではありますが、ストップ注文に伴う潜在的なリスクがないわけではありません。ストップ注文を利用される際には、以下の点にご注意ください:
 
·         ストップ価格は保証される約定価格ではありません。「ストップ注文」は「ストップ価格」に達した時点で「成行注文」となり、この結果となる注文は、その時点の市場価格で全て速やかに約定する必要があります。このため、ストップ注文が最終的に約定する価格は、投資家の「ストップ価格」と大幅に異なることがあります。従って、成行注文となったストップ注文が速やかに約定する可能性がある半面、市場の変動が激しい場合には、約定価格がストップ価格と大幅に異なる可能性があります。
 
·         ストップ注文は短期で劇的な価格変動にトリガーされることがあります。市場の変動が激しい場合には短期間で株価が大幅に変動し、ストップ注文の約定をトリガーする可能性があります(また、後で以前の株価水準で取引を再開する可能性があります)。このような状況でストップ注文がトリガーされた場合、注文が期待に沿わない価格で約定することや、またその後、同じ取引日中に価格が安定する可能性がある事を理解する必要があります。
 
·         極端な変動の際、売りのストップ注文は価格の下落を悪化させることがあります。売りのストップ注文の発注により、有価証券の価格の下落につながる事があります。価格が急激に下落している際にストップ注文が発注されると、ストップ価格から大幅に低い価格で約定する可能性が高くなります。
 
·         ストップ注文に「指値」を付けることによって、リスクによってはいくらか管理できるようになります。「指値価格」付きのストップ注文(「ストップリミット注文」)は、株価が「ストップ価格」に到達するかこれを上回ると「指値注文」になります。 「指値注文」は、指定した価格(「指値価格」)かそれよりも良い価格で銘柄を売買する注文です。普通のストップ注文の代わりにストップリミット注文を利用すると、株価をより確実にすることができますが、売り注文の場合、選択する指値価格以下(買い注文の場合は指値価格以上)での約定はありえないため、注文が全く約定しない可能性も考慮に入れておく必要があります。価格には関係なくすぐに約定することよりも、希望する目標価格を達成することを優先する場合には、指値注文の利用を検討する必要があります。
 
·         ストップ注文に伴うリスクは市場の流動性がない時間や、市場の変動がより激しいオープンやクローズ時にはより高くなることがあります。これは流動性の低い株式の場合、その時点での価格レベルでは売却が難しく、市場の変動が激しい場合には特に価格が激しく上下する可能性があるため、特に重要になります。流動性の低い市場の時間帯や、市場の変動がより激しいオープンやクローズ時前後にストップ注文が発注されるのを防ぐため、ストップ注文の発注時間帯を制限することや、他の注文タイプの利用を検討する必要があります。
 
·         ストップ注文に伴うリスクを考慮し、取引ニーズに一致するその他の注文タイプの利用も慎重に検討する必要があります。

口座に保有されていない通貨建ての商品を取引する場合

特定の商品の購入と決済にどの通貨が必要となるかは、IBKRではなく上場取引所によって決定されます。例として、お客様が保有されていない通貨建ての有価証券を購入する取引を行うとし、またお客様がマージン口座と十分な証拠金を保有される場合、IBKRではこの資産に対してローンを組みます。これは、クリアリングハウスとの取引を、指定されている通貨のみで決済する義務がIBKRにあるためです。ローンおよびこれによる金利の発生をご希望でない場合には、あらかじめ必要となる通貨と金額を口座に入金するか、口座内の資金を両替する必要があります。どちらもTWSより、IdealPro(USD 25,000または同等額以上の場合)または奇数ロット(USD 25,000または同等額以下の場合)を利用してできます。

また、ある通貨建ての有価証券ポジションを決済すると、この通貨が口座に選択されている基準通貨であるかどうかに関わらず、収益はこの通貨に留まることにご注意下さい。よってこういった収益は通貨を両替するか、またはこの収益をその他の類似の通貨建ての商品に利用するまで、基準通貨に対する為替レートのリスクの対象となります。

アクティビティーステートメントのキャッシュ・レポートの項目に証券とコモディティの口座間の移動が表示される理由

IBKRでは規制のため、口座内の有価証券資産をコモディティ資産と分別することを義務とされています。  コモディティ資産には、先物ポジションのオプションの市場価値や、コモディティの先物や先物ポジションのオプトアウトのために証拠金として必要となる現金が含まれることがあります。  コモディティのポジションの必要証拠金は定期的に計算し直され、証拠金額が下がる場合には、コモディティの必要証拠金として余る分が口座のコモディティ側から有価証券側に移動します。 また、コモディティの必要証拠金額が上がる場合、IBKRでは有価証券側で利用可能な現金をコモディティ側に移します。 SIPC保険は口座内のコモディティ側ではなく、有価証券側の資産を対象としているため、定期的な移動は現金残高に対する保護が最大となるように行われます。 なお、これらの仕分けはお互いに相殺されるため、口座内の現金残高の合計には影響しません(アクティビティーステートメントの現金残高項目内の、「合計」コラムをご覧下さい)。

米国ブローカーが保有する外国株式の信用取引

IB LLCは、お客様の証券取引を円滑に行うことを目的とし、米国証券取引委員会(SEC)に登録される米国のブローカーディーラーとして、信用拡大や取引の預託に関連する様々な規制の対象となります。外国株式の場合(発行体が米国外)、連邦準備理事会が定期的に公表する外国信用銘柄リストに掲載されるもの、もしくはSECルール15c3-1、またはSECノーアクションレターに基づき、「Ready market」があるとみなされるものに対し、Reg T.は米国ブローカーが信用取引を行うことを許可しています。

2012年11月以前の「Ready market」には、現在、FTSE World Indexとして知られる外国発行体の外国株式が含まれるものとみなされていました。この定義は1993年のSECノーアクションレターに基づいて、米国内に証券の「Ready market」がなくても、これに該当する外国市場では容易に転売が可能であることを前提としていました。 2012年11月、SECは補足のノーアクションレター(www.sec.gov/divisions/marketreg/mr-noaction/2012/finra-112812.pdf)を発行し、以下の4つの条件を満たしている場合には「Ready market」があるとする外国株式の枠を、FTSE World Indexに上場されないものにも拡大しました:

 

1. 株式が、FTSE World Indexに認識される国の外国取引所に上場され、少なくとも過去90日間取引されていること

2. 外国の上場取引所が提供する証券の毎日のビッド、アスク、ならびに終値のクオートが、電子クオートシステム経由で米国のブローカーに継続的に提供されていること

3. 上場取引所における株式の直近20営業日の1日の売上高の中央値が、100,000株以上または$500,000(コンピューター・ブローカーによって購入される株式は抜かし)以上であること

4. 有価証券の株式における制限のない時価総額の合計が、過去10営業日の間、毎日5億ドルを超えていること

注意: 以前に上記の条件を満たしていた有価証券が条件を満たさなくなった場合、ブローカーには5営業日の時間が与えられますが、これを過ぎると証券は「Ready market」ではないものとみなされ、信用取引ができないものとして取り扱われます。

上記の条件を満たさない外国株式は信用取引ができないものとして扱われるため、貸出価値がありません。ノーアクションレターに関連し、外国株式にオプションは含まれません。

IBKRでは取引用ブローカーアシスタンスの提供はありますか?

注文発注のデフォルトの方法は、トレーダー・ワークステーション、クライアントポータル、またはIBKRモバイル約定プラットフォームのいずれかに、お客様による直接のご入力になっていますが、IBKRでは以下に記載する特定の取引に対しブローカーサポートをご提供しています: 

1. 大型注文や複雑な注文 - 最小でも100オプションまたは10,000株の数量となる大型や複雑な注文をお取引されるお客様には、弊社のブローカーによるサポートのある、ブロックデスクのご利用が可能です。 ブローカーサポート付きのブロックデスクでは新規注文と決済注文の両方を扱っており、また待ち時間なくスタッフにアクセスできるようになっています。こちらのデスクを利用して約定する取引は、自分で直接発注する注文用に公開されているレートより高い手数料の対象となります。 レートは商品のタイプおよび上場取引所によって異なりますので、特定の価格に関する詳細は、1-203-618-4030番のブロックデスクまで直接お問合せいただくことをお勧めします。その他の詳細は、以下の「ブローカーアシスタンス」のウェブサイトリンクよりご確認下さい。 

2. 緊急決済注文 - 取引プラットフォームへのアクセスが一時的にない状況でポジションを決済する必要がある場合には、クライアントサービスセンターのひとつにある「決済注文デスク」にお問合せいただくことができます。 こちらのサービスでは決済注文のみを取り扱っており、電話注文にかかる手数料サーチャージの対象となることをご了承下さい。 サーチャージの金額は口座の基準通貨によって異なり、USDベースの口座は$30のサーチャージの対象となります(通常の手数料に別途追加となります)。

IBKRによる提供の暗号資産ETF/ETP商品

適用となる規制ガイダンス検討の結果、Interactive Brokers Hong Kong Limited(「IBHK」)では特定の機関投資家(「IPI」)のお客様のみに、この度下記の暗号資産ETF/ETP商品のお取引をご提供致します。
 
2022年に予定されている取引プラットフォームの強化により、証券先物取引法(Securities and Futures Ordinance)に定義されるプロの投資家(「PI」)のお客様にはこちらの商品のお取引が可能となります。IPIおよびPIのどちらにも該当されないお客様は、今後変更が行われるまでこちらの商品のお取引はできません。
 
IBHKにおいて規制のかかる暗号資産ETF/ETP
 
  • 21SHARES BITCOIN CASH ETP
  • 21SHARES BITCOIN SINGLE
  • 21SHARES BITCOIN SUISSE ETP
  • 21SHARES CRYPTO BASKET ETP
  • 21SHARES ETHEREUM SINGLE
  • 21SHARES POLKADOT ETP
  • 21SHARES RIPPLE (XRP) ETP
  • 21SHARES SHORT BITCOIN ETP
  • 3IQ COINSHARES BITCOIN ETF
  • ACCELERATE CARBON-NEGATIVE B
  • AMUN CRYPTO BASKET INDEX ETP
  • AMUN BITCOIN CRYPTO SINGLE
  • AMUN ETHEREUM CRYPTO SINGLE
  • AMUN BITCOIN CASH BCH ETP
  • BITCOIN TRACKER ONE
  • BITWISE CRYPTO IND INNOV ETF
  • BLOCKCHAIN TECHNOLOGIES ETF
  • BTCETC BITCOIN ETP
  • CI GALAXY ETHEREUM ETF
  • COINSHARES PHYSICAL BITCOIN
  • COINSHARES PHYSICAL ETHEREUM
  • COINSHARES PHYSICAL LITECOIN
  • FICAS CAPITAL ACTIVE CRYPTO
  • FIDELITY ADVANTAGE BITCOIN
  • FT INDXX INNOOVATIVE TRANS/CA
  • GRAYSCALE BITCOIN CASH TRUST
  • GRAYSCALE BITCOIN TRUST BTC
  • GRAYSCALE DIGITAL LARGE CAP
  • GRAYSCALE ETHEREUM CLASSIC T
  • GRAYSCALE ETHEREUM TRUST
  • GRAYSCALE LITECOIN TRUST
  • GRAYSCALE STELLAR LUMENS TRU
  • GRAYSCALE ZCASH TRUST
  • PROSHARES BITCOIN STRATEGY E
  • PURPOSE BITCOIN ETF
  • VALKYRIE BITCOIN STRATEGY
  • WISDOMTREE BITCOIN
  • XBT PROVIDER ETHEREUM

 

Odd Lot Handling on the Stock Exchange of Hong Kong (“SEHK/HKEX”)

概観: 

On HKEX, stocks trade via the auto-matching system in units of board lots that are determined by the issuer. Securities trading for a quantity less than one board lot or a fractional multiple of whole board lots are considered odd lots. Only securities trading in multiples of board lots are eligible to be routed to the HKEX automatic order matching engine. Odd lots can only route to a special-order book at HKEX which requires manual order matching. The odd lot book does not follow price or time priority and executions cannot be guaranteed.

How to close out and execute an odd lot?

Odd lots can be entered via the IBKR platform, where they will be routed to the odd lot book at HKEX. If you place an odd lot order greater than a board lot, your order will be rejected. IBKR also offers the ability to call in to our trade desk to close an odd lot position, but orders phoned in to our trade desk will incur a handling fee*.

Can I see the odd lot book?

No, IBKR does not have the ability to supply odd lot book quotations. We can only report executions.

Expected Execution/Market Price

Odd lot sell orders generally execute at prices below the prevailing main auto-matching market on HKEX. To increase the likelihood of a fill, you may consider placing an order several spreads lower than the last price traded on the main board.

Market Orders

Due to the lack of liquidity, IBKR converts any odd lot market orders to limit orders at a price that is through the board lot market with a maximum of (3% or 5 minimum ticks), but no more than 9 ticks from the prevailing bid on the main board auto-matching engine. We will not update the price unless the main board bid trades move through your offer. If that should occur, we will (on a best-efforts basis) update your price a further 3% or 5 minimum ticks lower. For example, assume the main board bid/ask is 4.03 at 4.04, last 4.03. If you send a market order, we will create an order to sell at 3.91 (3%), but it will be capped and adjusted to 3.98 (5 ticks). Should the security trade through to 3.98, we will endeavor to lower your bid another 5 ticks to 3.93.

Price Restrictions

While orders are expected to trade lower than the prevailing market price, both limit orders and market orders we convert to limit orders that are greater than 9 ticks from the market price will be capped to those levels.

Fees

Execution and transaction fees are the same as of trading a board lot*.

 

* For more information, visit our website.

購買力の決定の仕方

購買力とは、追加の資金を証券口座に入金することなく、口座で購入が可能な有価証券のドルでの価値を測定するものです。定義上、ブローカーから借入れた資金で有価証券の購入はできず全額を支払う必要のあるキャッシュ口座の場合、購買力は決済済みの現金額と同じになります。例えば口座に$10,000の現金が保有されている場合には、$10,000までの株式を購入することができます。

マージン口座の場合、現金およびすでに口座に保有されている株式の価値を担保に、ブローカーの提供するレバレッジを利用して購買力を高めることができます。レバレッジの額は、口座がReg.Tマージン口座であるか、またはポートフォリオ・マージン口座であるかによって変わります。例えば、Reg. T口座に現金で$10,000保有されている場合、$20,000の有価証券を購入してオーバーナイトで保有することができ、これはReg. Tの委託証拠金が50%、つまり購買力が2:1(1/.50)になるためです。同様に、Reg. T口座に現金で$10,000保有されている場合、$40,000の有価証券を購入して日中ベースで保有することができます。これは、 IBにおけるデフォルトの日中維持証拠金が25%、つまり購買力が4:1(1/.25)になるためです。

ポートフォリオ・マージン口座の場合には、より高いレバレッジを利用できますが、口座名からも分かるように金額はポートフォリオの内容に左右されます。この場合には個別の株式に必要となる証拠金(委託=維持)は通常、15% - 30%の範囲になり、購買力は6.67 – 3.33:1となります。この方法による証拠金率は、それぞれの株式の変動率や集中度などのリスク要因を考慮して日々変動するため、変動率の低い株式からなり、かつ分散されたポートフォリオが最も有利な証拠金の待遇を受ける傾向にあります。

上記の現金の例に加え、有価証券の貸付価格およびその購入のために借入れた資金(該当する場合)の金額によっては、マージン口座の有価証券に購買力が提供されることがあります。支払が完全に済んでいる(証拠金の借入れがない)$10,000の有価証券を保有する口座を例にとってみます。Reg. Tの委託証拠金50%を利用して、有価証券の貸付価格が$5,000(= $10,000 *(1 - 0.50))となり、購買力が2:1となる同じ委託証拠金を利用すると、有価証券を追加で $10,000分購入してオーバーナイトで保有することができます。同様に、$10,000の有価証券と$1,000の証拠金ローン(純決済価値が$9,000)を保有する口座の貸付価値の残高は$4,000になり、これを利用してさらに$8,000の有価証券を購入して、オーバーナイトで保有することができます。ポートフォリオ・マージン口座も原則として同じ様に扱われますが、購買力のレベルが異なることがあります。

また、購買力の概念は株式、債券、ファンド、FOREXの購入に適用されますが、デリバティブ商品には適用されません。有価証券のデリバティブ商品(ショートオプションや個別株先物など)のほとんどは資産ではなく偶発債務であり、ロングオプションは資産ではあるものの短期的なものであるため消耗品とみなされ、一般的には貸付価値がありません。このためショートオプションに必要となる証拠金は、オプションプレミアムの価値の割合に基づくものではなく、オプションが割り当てられたものと見て(Reg.Tの場合)原資産となる株式、または市場の不利な変化を想定した場合のオプションの再購入費を見積もって(ポートフォリオ・マージンの場合)決定されます。

Virtual Asset ETF/ETP Products Offered by IBKR

After considering the relevant regulatory guidance, Interactive Brokers Hong Kong Limited (“IBHK”) will only enable certain Institutional Professional Investors (“IPI”) to trade the Virtual Asset (VA) ETF/ETP products listed below at this time.
 
We will release an enhancement to our trading platform in 2022 that will allow clients who are Professional Investors (“PI”), as defined under the Securities and Futures Ordinance, to request within Client Portal to trade these products. Clients that are Professional Investors (“PI”) and have Complex or Leveraged Exchange Traded Products ("CLP") trading permissions can contact our IBHK office by phone and request the ability to trade VA products.
 
Clients who are not classified as IPI or PI will be restricted from opening positions in these products until further notice.
 
A sample of the Virtual Asset ETF/ETPs restricted by IBHK are listed below. IBHK may add or remove Virtual Asset ETF/ETPs products at any time.
 
  • 21SHARES BITCOIN CASH ETP
  • 21SHARES BITCOIN SINGLE
  • 21SHARES BITCOIN SUISSE ETP
  • 21SHARES CRYPTO BASKET ETP
  • 21SHARES ETHEREUM SINGLE
  • 21SHARES POLKADOT ETP
  • 21SHARES RIPPLE (XRP) ETP
  • 21SHARES SHORT BITCOIN ETP
  • 3IQ COINSHARES BITCOIN ETF
  • ACCELERATE CARBON-NEGATIVE B
  • AMUN CRYPTO BASKET INDEX ETP
  • AMUN BITCOIN CRYPTO SINGLE
  • AMUN ETHEREUM CRYPTO SINGLE
  • AMUN BITCOIN CASH BCH ETP
  • BITCOIN TRACKER ONE
  • BITWISE CRYPTO IND INNOV ETF
  • BLOCKCHAIN TECHNOLOGIES ETF
  • BTCETC BITCOIN ETP
  • CI GALAXY ETHEREUM ETF
  • COINSHARES PHYSICAL BITCOIN
  • COINSHARES PHYSICAL ETHEREUM
  • COINSHARES PHYSICAL LITECOIN
  • FICAS CAPITAL ACTIVE CRYPTO
  • FIDELITY ADVANTAGE BITCOIN
  • FT INDXX INNOOVATIVE TRANS/CA
  • GRAYSCALE BITCOIN CASH TRUST
  • GRAYSCALE BITCOIN TRUST BTC
  • GRAYSCALE DIGITAL LARGE CAP
  • GRAYSCALE ETHEREUM CLASSIC T
  • GRAYSCALE ETHEREUM TRUST
  • GRAYSCALE LITECOIN TRUST
  • GRAYSCALE STELLAR LUMENS TRU
  • GRAYSCALE ZCASH TRUST
  • PROSHARES BITCOIN STRATEGY E
  • PURPOSE BITCOIN ETF
  • VALKYRIE BITCOIN STRATEGY
  • WISDOMTREE BITCOIN
  • XBT PROVIDER ETHEREUM

 

Syndicate content