アクティビティーステートメントのキャッシュ・レポートの項目に証券とコモディティの口座間の移動が表示される理由

IBKRでは規制のため、口座内の有価証券資産をコモディティ資産と分別することを義務とされています。  コモディティ資産には、先物ポジションのオプションの市場価値や、コモディティの先物や先物ポジションのオプトアウトのために証拠金として必要となる現金が含まれることがあります。  コモディティのポジションの必要証拠金は定期的に計算し直され、証拠金額が下がる場合には、コモディティの必要証拠金として余る分が口座のコモディティ側から有価証券側に移動します。 また、コモディティの必要証拠金額が上がる場合、IBKRでは有価証券側で利用可能な現金をコモディティ側に移します。 SIPC保険は口座内のコモディティ側ではなく、有価証券側の資産を対象としているため、定期的な移動は現金残高に対する保護が最大となるように行われます。 なお、これらの仕分けはお互いに相殺されるため、口座内の現金残高の合計には影響しません(アクティビティーステートメントの現金残高項目内の、「合計」コラムをご覧下さい)。

Generate RSA Key Pair on Windows

These instructions apply to users who are receiving their statements via sFTP. If you elected to receive your statements via sFTP, you would first need to generate an RSA Key pair.

To generate an RSA Key pair:

1. Download WinSCP.

2. Run the installer and make sure to check PuTTYgen (key generator) as one of the components to install.

3. Start WinSCP and from the button Tools select Run PuTTYgen.


4. Once the tool PuTTYgen has been launched, click Generate. Select RSA as Type of key to generate, 2048 as Number of bits in generated key and click on the button Generate.

5. Click "Save private key" and give the file a name (like private). Leave the extension as .ppk  ('ale.ppk', in the picture below is an example filename). Important Note: do NOT save your public key yet. Save only your private one.

6. Open WinSCP, create a new connection and:
  • Select SFTP as File protocol.
  • Enter xfer.interactivebrokers.com in the Host name field.
  • Enter 32 in the Port number field.
 
7. Click on the button Advanced.

8. In the Advanced Site Settings screen, left side menu, expand SSH and select Authentication. Click on the button ... at the end of the field Private Key file and open the private key you previously saved at point 5):

9. Click on the button Display public key:
 
10. Click on the button Copy Key.

11. Open Notepad, press CTRL+V to paste the key string (which is one string of characters without spaces) and then save the file with the name public.key in a folder of your preference:


12. Send the file you saved at the previous step to us via Message Center ticket or email as per instructions on IBKB3842
 
13. In the WinSCP Window, click on "OK" in the information pop-up showing the key, then "OK" in the Advanced Site Settings screen, then click on Save to save the new connection you have created.
 
14. Once the IBKR Sales Engineering Team has configured the parameters for your connection on our servers, you will be able to access your SFTP repository by using the connection you have created.
 
Related articles

KB3842 - Using GPG/RSA encryption keys to guarantee the privacy and security of your Reports
KB3968 - Generate a key pair using GPG for Windows
KB4205 - Generate a key pair using GPG Suite on macOS
KB4108 - Decrypt your Reports using GPG for Windows
KB4210 - Decrypting Reports using your PGP Key pair on macOS
KB4578 - How to Access your Reports using FTP on Windows
KB4580 - How to Access your Reports using FTP on MacOS
KB4409 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on Windows
KB4410 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on macOS
KB4411 - How to backup your public/private Key pair 
KB4323 - How to transfer your public/private key pair from one computer to another 
 

Decrypting Reports Using Your PGP Key Pair on macOS

Note: This tutorial assumes you received reports via email or via FTP that were encrypted with the public key you sent to IBKR . If you need guidance to set up the encrypted statement delivery, please refer to this article, which is a prerequisite to the instructions below.

1. Open Finder

2. Right click on the .gpg file you want to decrypt

3. Select Services > OpenPGP: Decrypt File

 

Common Issues/Questions

  • Decryption failed with error 'No Secret Key'

This is commonly caused when the wrong encryption key is used to decrypt the file.  If decryption is being done on a computer other than the original computer used to create the public/private keys, the keys would have to be transferred from the original computer to the new computer

If the above does not help, then a new public/private key pair needs to be created and sent to us.

 

Related articles

KB3842 - Using GPG/RSA encryption keys to guarantee the privacy and security of your Reports
KB3968 - Generate a key pair using GPG for Windows
KB4205 - Generate a key pair using GPG Suite on macOS
KB4108 - Decrypt your Reports using GPG for Windows
KB4407 - Generate RSA Key Pair on Windows
KB4578 - How to Access your Reports using FTP on Windows
KB4580 - How to Access your Reports using FTP on MacOS
KB4409 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on Windows
KB4410 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on macOS
KB4411 - How to backup your public/private Key pair 
KB4323 - How to transfer your public/private key pair from one computer to another 
 

Generate a Key Pair Using GPG Suite on macOS

If you elected to receive your statements in an encrypted form, you would first need to generate an RSA Key pair. To generate an RSA Key:

1. Download the GPG Suite for macOS

2. Double click on the downloaded installation file:

3. Click on Install

4. Click Continue

5. Click on Install

6. Click Install

Note: By default the installation includes an add-on for Apple Mail called GPG Mail. If you don't use Apple Mail and do not need this add-on, you can de-select it during this step.

7. Click on Close:

 

8. Launch GPGTools. The Create new key pair dialog box should automatically open. Input your Full Name, your Email and choose a Password. PLEASE NOTE: Keeping a secure copy of this password is essential. Any loss of this password will require the whole process to be repeated.
 
9. Expand Advanced options and make sure that:
  • The "Key type" drop-down is set to "RSA and RSA (default)"
  • "Length" is set to "2048"
  • The checkbox "Key will expire on" must remain NOT active

Important Note: Please be absolutely certain to set "Key type" to "RSA and RSA (default)" otherwise the key will be unusable.

 
10. Click on the button Create Key
 

11. Once the key pair is created it will be listed in your Key ring. Right click on it and select Export...

12. Choose a location to save the key pair in the Where field and make sure the checkbox Include secret key in exported file is deactivated. Click on Save.

13. You will receive a prompt indicating that the key pair was created successfully. Click on No, Thanks! to prevent uploading the public key to the PGP servers

14. Open Finder and go to the location you selected for saving the public key (at point 12).

15. Send the public key file to us via Message Center ticket or email as per instructions on IBKB3842.

 

Related articles

KB3842 - Using GPG/RSA encryption keys to guarantee the privacy and security of your Reports
KB3968 - Generate a key pair using GPG for Windows
KB4108 - Decrypt your Reports using GPG for Windows
KB4210 - Decrypting Reports using your PGP Key pair on macOS
KB4407 - Generate RSA Key Pair on Windows
KB4578 - How to Access your Reports using FTP on Windows
KB4580 - How to Access your Reports using FTP on MacOS
KB4409 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on Windows
KB4410 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on macOS
KB4411 - How to backup your public/private Key pair 
KB4323 - How to transfer your public/private key pair from one computer to another 
 

Generate a Key Pair Using GPG for Windows

To generate a key pair using GPG for Windows:

1. Download the GPG Installer for Windows.

2. Run the installer and make sure to tick GPA as one of the sub components to include.

3. Start the GPA program:

 
4. Click Generate Key Now when you see the below screen:
 
 
5. Enter your full name:
 
 
6. Enter your full email address:
 
 
7. A directory browser window will appear asking you to specify the location of the backup of your secret key. If may or may not look like the below image. You secret key is used to decrypt the sensitive information we send to you:
 
8. You will be asked to enter a pass phrase for your key and once you enter it, you will be asked to enter it once again to confirm on another dialog window. PLEASE NOTE: Keeping a secure copy of this password is essential. Any loss of this password will require the whole process to be repeated.
 
9. Once you have created your key and saved a backup, you should see the main screen. If the program crashes or something else happens, you can always start the GPA program again. Now take a look at the main screen of the GPA program, you should see you key listed there, similarly to the image below. In the Details pane at the bottom, please make sure:
  • The option "The key can be used for" contains "encryption".
  • The option "Expires at" is set to "Never expires".
  • The value for "Key type" is set to "rsa2048" (which stands for RSA 2048 bit).
If there is one or more wrong parameters, please delete the key (for example by using the icon Delete on the toolbar). Recreate it again using the proper parameters, from the top menu Keys -> New Key...
 
 
10. Export your public key to a file. Select the key from the list with a single left click of the mouse. Then right click and choose export.
 
11. Navigate to the directory where you want to save your backup key. Choose a name such as publickey.asc then click Save.
 
12. You will receive a message confirming where the key was exported. Click the Close button on this dialog:
 
 
13. Open the Windows File Explorer and navigate to the directory. You will find the public.asc file ready to be sent to us via Message Center ticket or email as per instructions on IBKB3842:
 
 
 
References

KB3842 - Using GPG/RSA encryption keys to guarantee the privacy and security of your Reports
KB4205 - Generate a key pair using GPG Suite on macOS
KB4108 - Decrypt your Reports using GPG for Windows
KB4210 - Decrypting Reports using your PGP Key pair on macOS
KB4407 - Generate RSA Key Pair on Windows
KB4578 - How to Access your Reports using FTP on Windows
KB4580 - How to Access your Reports using FTP on MacOS
KB4409 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on Windows
KB4410 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on macOS
KB4411 - How to backup your public/private Key pair 
KB4323 - How to transfer your public/private key pair from one computer to another 
 

 

 

Using GPG/RSA Encryption Keys to Guarantee the Privacy and Security of Your Reports

Background: 

In order to ensure the privacy and security of your Reports and Statements, IBKR offers the following file delivery options:

A. sFTP (Secure FTP) - Recommended solution

  • We can send you Reports using the sFTP (Secure FTP) protocol on non-standard TCP port 32.
  • sFTP is a network protocol that utilizes SSH (Secure Shell) for the transfer, management, and access of files through an encrypted data stream.
  • Key based authentication is required. You will authenticate against our sFTP server through a unique RSA - 2048-bit public/private key pair, generated directly by you. We will use only your public key as authentication method for our sFTP server. Since the two keys are mathematically linked, only the private key holder (you) will be able to access the data.
  • PGP encryption1 is optional.

B. Email with PGP (Pretty Good Privacy) Encryption

  • We can encrypt your Reports using PGP (Pretty Good Privacy) certificates and send you those reports via email.
  • PGP encryption1 is optional but recommended. If you opt to receive your Reports via email without encryption, any account sensitive data will be masked.

C. Plain FTP with PGP (Pretty Good Privacy) Encryption

  • We can send you Reports using the regular FTP protocol on standard TCP port 21.
  • PGP encryption1 is required. We can encrypt your Reports using PGP (Pretty Good Privacy) certificates.

Note 1: PGP encryption is based on a private/public key pair, which is unique and generated directly by you. We will use only your public key to encrypt your Reports. Since the two keys are mathematically linked, only the private key holder (you) will be able to decrypt the files.

 

To start the process, please select one of the options below according to the way you wish to access your Reports:

 

 

A. I Want to Receive my Reports via Secure FTP (sFTP)

When electing to receive your Reports through the IBKR hosted sFTP, please follow the steps below:

1) Install a FTP application. There are many free FTP application suites that can be used, like FileZilla or WinSCP.

2) Generate a public/private RSA key pair. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

3) Open a Web Ticket (via Client Portal -> Help -> Support Center) as follows:

  • Write "Attn. Reporting Integration Team" in the subject.
  • Write a short request for a IBKR hosted plain FTP in the message body
  • Write the IP Address(es) your connection will originate from in the message body
  • Paste the content (the alphanumeric string) of your RSA public key file in the message body

Alternatively, you can provide these same elements listed above via email to the Reporting Integration Team. Include the last 4 digits of your IBKR Account number in the email subject.

Note: We will not accept your public key if you have included as well your private key. Please be sure to send us only the public part of the key pair.

4) IBKR will notify you within 1-2 business days, once your sFTP site has been set up.

5) Set your RSA key pair as authentication method for your sFTP client. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

 

B. I Want to Receive my Reports via Email with PGP Encryption

When electing to receive emails that contain encrypted data from IBKR, please follow the steps below:

1) Generate a PGP key pair in order to decrypt the files. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

2) Open a Web Ticket (via Client Portal -> Help -> Support Center) as follows:
  • Write "Attn. Reporting Integration Team" in the subject
  • Paste the content (the alphanumeric string) of your PGP public key file in the message body
Alternatively, you can send an email to the Reporting Integration Team. Include the last 4 digits of your IBKR Account number in the email subject and attach your PGP public key.

Note: We will not accept your public key if you have included as well your private key. Please be sure to send us only the public part of the key pair.

3) IBKR will notify you once your public key was imported on our systems. You will then enable the encryption for email file delivery from your Client Portal.

4) Use your key pair to decrypt the emails with the encrypted attachment/s. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

 

C. I Want to Receive my Reports via FTP with PGP Encryption

When electing to receive your Reports through the IBKR hosted sFTP, please follow the steps below:

1) Generate a PGP key pair in order to decrypt the files. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

2) Open a Web Ticket (via Client Portal -> Help -> Support Center) as follows:
  • Write "Attn. Reporting Integration Team" in the subject
  • Write a short request for a IBKR hosted plain FTP in the message body
  • Paste the content (the alphanumeric string) of your PGP public key file in the message body

Alternatively, you can provide these same elements listed above via email to the Reporting Integration Team. Include the last 4 digits of your IBKR Account number in the email subject.

Note: We will not accept your public key if you have included as well your private key. Please be sure to send us only the public part of the key pair.

3) IBKR will notify you once your public key has been imported on our systems. You will then enable the encryption for FTP file delivery from your Client Portal.

4) Access our FTP site and use your PGP key pair to decrypt the files you receive. Please follow the procedure below according to the Operating System you use:

 

Additional procedures

 

References

KB3968 - Generate a key pair using GPG for Windows
KB4205 - Generate a key pair using GPG Suite on macOS
KB4108 - Decrypt your Reports using GPG for Windows
KB4210 - Decrypting Reports using your PGP Key pair on macOS
KB4407 - Generate RSA Key Pair on Windows
KB4578 - How to Access your Reports using FTP on Windows
KB4580 - How to Access your Reports using FTP on MacOS
KB4409 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on Windows
KB4410 - How to set up sFTP for using Certificate Authentication on macOS
KB4411 - How to backup your public/private Key pair 
KB4323 - How to transfer your public/private key pair from one computer to another 

 

株式利回り向上プログラムに関連してよくあるご質問

株式利回り向上プログラムの目的
株式利回り向上プログラムは、分離管理されている証券ポジション(全額支払い済みや超過証拠金となる株式)をIBKRがサードパーティに貸付けることを許可することによって副収入につなげるプログラムです。ご参加されるお客様は、貸付されている株式が終了時に確実に返却されるための担保(米国国債または現金)を受け取ることができます。

 

全額支払済みおよび超過証拠金となる株式とは
全額支払済みの株式とは口座に保有されている有価証券で完全に支払いの済んでいるものを指します。超過証拠金となる株式とは支払いの済んでいない株式で、市場価格が証拠金バランスの140%を超えているものを指します。

 

株式利回り向上プログラムの貸付による取引から発生する収入はどのように計算されますか?
株式の貸付によってお客様に発生する収入は、店頭株式貸付市場の金利によって変わります。金利は貸付される株式の種類だけでなく、貸付日にも大きく左右されます。弊社では通常、参加者のお客様に対し、株式の貸付によって弊社に発生した金額の約50%の利息を担保にお支払い致します。

 

貸付の担保額はどのように計算されるのですか?
株式の貸付に必要となる金利を決定する担保(米国国債または現金)は、株式の終値に一定の割合(通常102-105%)掛けた上で一番近いドル/セント/ペンス等に切り上げられる、業界協定による方法で設定されます。通貨によって業界協定が異なります。例えば終値がUSD 59.24の株式100株貸付は$6,100に値します($59.24 * 1.02 = $60.4248。これが$61に切り上げられた上で100を掛けたもの)。下記は通貨ごとの業界協定のチャートになります:

USD 102%: 一番近いドルに切り上げ
CAD 102%: 一番近いドルに切り上げ
EUR 105%: 一番近いセントに切り上げ
CHF 105%: 一番近いラッペンに切り上げ
GBP 105%: 一番近いペンスに切り上げ
HKD 105%: 一番近いセントに切り上げ

詳細はKB1146をご確認ください。

 

株式利回り向上プログラム用の担保はどこにどうやって保有されるのですか?

IBLLCのお客様の担保は米国国債または現金として、IBLLCの関連会社であるIBKR Securities Services LLC(「IBKRSS」)に移管の上で保有されます。本プログラムによるお客様の借入れの担保は、IBKRSSによってお客様用の口座に保有し、こちらの担保権は完全にお客様が優先となります。万が一、IBLLCが債務不履行を起こした場合でも、IBLLCを経由せず、IBKRSSを通して直接、担保にアクセスすることができます。詳細は、こちらより、証券口座の管理に関する同意書をご参照ください。IBLLCのお客様ではない方の担保は、口座を管理する事業体による保有および保管となります。例えば、IBIE口座の場合、担保はIBIEによる保有および保管となります。

 

IBKRの株式利回り向上プログラムによって貸付されている株式が売却や移管された場合や、プログラムへの参加をやめた場合にはどのような影響がありますか?

金利は取引が行われた日の翌日(T+1)より発生しなくなります。また、移管やプログラム参加の解約があった場合には、翌営業日より金利が発生しなくなります。

 

株式利回り向上プログラムへの参加資格はどのようになっていますか?

参加資格のある事業体
IB LLC
IB UK(SIPP口座は対象外)
IB IE
IB CE
IB HK
IB Canada(RRSP/TFSA口座は対象外)
IB Singapore

 

参加資格のある口座タイプ
キャッシュ(登録日の時点で資産が最低$50,000であること)
マージン
ファイナンシャルアドバイザー管理のクライアント口座*
証券会社管理のクライアント口座: Fully DisclosedおよびNon-Disclosed*
証券会社管理のオムニバス口座
セパレート・トレーディング・リミット口座 (STL)

*お申込みされる口座は、マージン口座やキャッシュ口座の必要最低額を達成している必要があります。

こちらのプログラムは、IBジャパン、IBヨーロッパSARL、IBKRオーストラリア、ならびにIBインドのお客様にはご利用いただけません。IB LLCにおける口座をお持ちの日本およびインドのお客様はプログラムにご参加いただくことができます。

また、ファイナンシャルアドバイザー管理のクライアント口座、fully disclosedタイプの証券会社管理のクライアント口座、ならびにオムニバス・ブローカー口座をお持ちのお客様で上記の条件を達成されている方にはご利用いただくことができます。ファイナンシャルアドバイザーおよびfully disclosedタイプの証券会社管理のクライアント口座の場合には、クライアントによる同意書へのサインが必要となります。オムニバス・ブローカー口座の場合には、ブローカーによる同意書へのサインが必要となります。

 

IRA口座は株式利回り向上プログラムへの参加資格がありますか?
はい。

 

Interactive Brokers Asset Managementの管理によるIRA口座のパーティションは、株式利回り向上プログラムへの参加資格がありますか?
ありません。

 

UK SIPP口座は株式利回り向上プログラムへの参加資格がありますか?
ありません。

 

プログラムに参加しているキャッシュ口座の資産が必要額である$50,000を下回った場合にはどうなりますか?
キャッシュ口座に必要となる最低資金額は、プログラムへの参加時点のみに必要となります。それ以降に資金額が下がったとしても、既存の貸付および新規の貸付に対する影響はありません。

 

株式利回り向上プログラムへはどうやって申込みできますか?
お申込みには、クライアント・ポータルにログインしてください。ログインしたらユーザーメニュー(右上にある人型のアイコンです)をクリックしてから、口座管理を選択してください。設定の項目から、株式利回り向上プログラムの横にある「設定」(ギア)のアイコンをクリックしてください。次の画面のチェックボックスを選択して、次に進むをクリックしてください。プログラムへのお申込みにあたって必要となる書類とディスクロージャーが表示されます。フォームをご確認の上でご署名ください。リクエストがお手続きされます。お申込みの完了には24-48時間かかります。

 

株式利回り向上プログラムはどのように解約できますか?
お申込みの解約には、クライアント・ポータルにログインしてください。ログインしたらユーザーメニュー(右上にある人型のアイコンです)をクリックしてから、口座管理を選択してください。設定の項目から、株式利回り向上プログラムの横にある「設定」(ギア)のアイコンをクリックしてください。 次の画面のチェックボックスの選択を外して、次に進むをクリックしてください。リクエストがお手続きされます。解約お手続きの完了には24-48時間かかります。
 

 

ある口座がプログラムに参加後にこれを解約した場合、これ以降いつまたプログラムへの参加ができるようになりますか?
プログラム解約後、暦暦で90日間はお申込みいただくことができません。

 

貸付け対象となる有価証券ポジションのタイプ

米国マーケット ヨーロッパマーケット 香港マーケット カナダマーケット
普通株(上場株式、PINKおよびOTCBB) 普通株(上場株式) 普通株(上場株式) 普通株(上場株式)
ETF ETF ETF ETF
優先株 優先株 優先株 優先株
社債*      

*地方債は対象外です。

 

IPOに続いて流通市場で取引されている株式を貸付するにあたって何か規制はありますか?
口座に保有される対象証券に規制がない限り、ありません。

 

貸付け対象となる株数はどうやって割り出されますか?
株式の価値がある場合には先ずこれを割り出します。IBKRではこれに対する担保権を保有し、お客様が株式利回り向上プログラムにご参加されていない場合でも貸し出すことができます。お客様が株式を購入する際に証拠金貸付によって融資を行うブローカーは、お客様の株式を現金負債額の140%まで担保として貸出できるよう、規制によって許可されています。$50,000の現金残高を保有するお客様が、市場価格が$100,000の株式を購入するケースを例として見てみます。この場合の貸付け高は$50,000となり、ブローカーはこの残高の140%に値する金額または$70,000の株式を担保権として保有します。この金額を超えてお客様が保有する株式は超過証拠金証株式(この例では$30,000となります)とみなされ、株式利回り向上プログラムの一環として弊社がこれの貸付けを行うことを許可されない場合には分別管理が必要になります。

負債額はまずUSD建てでない残高をすべてUSDに変換し、この後ショート株式からの収益がある場合にはこれを差し引いて(必要な場合にはUSDに変換し)割り出されます。結果としてマイナスの数値が出る場合には、これの140%までを弊社が確保します。またコモディティのセグメントやスポットメタル、およびCFD用に保有される残高は計算に入りません。 詳細は、こちらをご参照ください。

例 1: USDを基準通貨とする口座において、EUR.USDが1.40の換算レートでEUR 100,000保有しています。USD建てで株価が$112,000(EUR 80,000同等額)の株式を購入します。USDに変換された現金額がプラス残高であるため、株式は全額支払い済みとみなされます。

要素 EUR USD 基準(USD)
キャッシュ 100,000 (112,000) $28,000
ロング株式   $112,000 $112,000
NLV     $140,000

例 2: USDで$80,000、USD建てで$100,000のロング株式、そしてUSD建てで$100,000のショート株式を保有しています。合計$28,000のロング株式は証拠金証券、また残りの$72,000は超過証拠金証券とみなされます。これはショート株式の収益を現金残高から差し引き($80,000 - $100,000)この結果となるマイナス残高に140%をかけて算出されます($20,000 * 1.4 = $28,000)。

要素 基準(USD)
キャッシュ $80,000
ロング株式 $100,000
ショート株式 ($100,000)
NLV $80,000

 

IBKRでは利用可能な株式すべてを貸付するのですか?
貸付対象となる株式に対する有利なレートを提供するマーケットがない、借手のいるマーケットに弊社がアクセスできない、または弊社が貸付を希望しないなどの理由により、口座内の貸付け可能な株式すべてが株式利回り向上プログラムを通して貸付される保証はありません。

 

株式利回り向上プログラムの貸付は100株単位で行われますか?
ありません。弊社から外部への貸付は100株単位のみで行っていますが、お客様からの貸付には決まった単位はなく、外部へ100株の貸出しが必要となる場合には、1人のお客様からの75株、また別のお客様からの25株をあわせて100株しにて貸付を行う可能性があります。

 

貸付することのできる株数が必要な株数を上回る場合、貸付は顧客に対してどのように振り分けられるのですか?
プログラムによって貸付可能な株数が借手が必要とする株数を超える場合、貸付は比例計算で割当られます。例えば、プログラムによるXYZ株の合計数が20,000株で、10,000株が必要とされている場合、それぞれのお客様より対象となる株式の50%が貸付されます。

 

株式の貸付はIBKRの顧客のみにされますか?それともサードパーティにもされるのでしょうか?
株式は、IBKRおよびサードパーティの顧客に貸付されることがあります。

 

株式利回り向上プログラムの参加者は、IBKRが貸付する株式を指定することができますか?
ありません。こちらのプログラムは弊社が完全に管理を行うものであり、証拠金ローンの抵当権により弊社が貸付許可を有する貸付可能な証券がある場合、全額支払い済みまたは超過証拠金の株式の貸付が可能かどうか、またこれの開始は弊社の裁量により決定されます。

 

株式利回り向上プログラムで貸付に出されている株式の売却には何か規制がありますか
貸付に出されている株式に規制はなく、いつでも売却することができます。株式はこれの売却にあたって返還の必要はなく、売却からの収益は通常の決済日にお客様の口座に入金されます。貸付は売却日の翌営業日開始時に終了します。

 

株式利回り向上プログラムで貸付されている株式に対してカバード・コールを売却し、証拠金信用力を受けることはできますか?
はい。貸付されているポジションに関連する損益は株式所有者のものとなるため、株式の貸付によってアンカバードやヘッジベースの必要証拠金に影響はありません。

 

貸付対象の株式で実際に引渡しが行われたものに対してコールの割当やプットの権利行使が発生した場合にはどうなりますか?
ポジションのクローズまたは減少となるアクションからT+1(取引、割当、権利行使)の時点で貸付停止となります。

 

貸付の対象となった後で取引が中止された株式はどうなりますか?
取引中止によって株式の貸付機能への直接的な影響はなく、対象株式の貸付が可能である限り、中止に関わらず株式の状態は変わりません。

 

証拠金および/または変動をカバーするために貸付による担保をコモディティ口座にスイープすることはできますか?
ありません。貸付保証のための担保が証拠金などに関わることはありません。

 

プログラム参加者が証拠金ローンを始める、または既存のローン残高を増やすとどうなりますか?
全額支払い済みの株式をお持ちのお客様がプログラムを利用してこれを貸付された後で証拠金ローンを行う場合、超過証拠金証券の対象とならなくなるため貸付は停止されます。同様に、超過証拠金証券をお持ちのお客様がプログラムを利用してこれを貸付された後で証拠金ローンを上げる場合には、これも超過証拠金証券の対象とならなくなるため貸付は停止されます。

 

貸付されている株式はどのような状況で解約されますか?
以下のいずれかの状況(これに限らず)が発生した場合、株式の貸付は解約となります:

- お客様がプログラムへのご参加を解約された場合
- 株式の移管
- 株式を元に借入を行った場合
- 株式の売却
- コール割当/プット権利行使
- 口座の解約

 

株式利回り向上プログラムの参加者は、貸付されている株式の配当金を受け取ることができますか?
株式利回り向上プログラムで貸付に出されている株式は通常、 配当金の代わりとなる所得(PIL)ではなく配当金を受け取るため、権利落ち日前にリコールされますが、PILを受取ることはできます。

 

株式利回り向上プログラムの参加者には、貸付されている株式への議決権がありますか?

ありません。承諾やアクションを行う選択日や基準日が貸付期間内の場合、選択や承諾を行う権利は証券の借手のものとなります。

 

株式利回り向上プログラムの参加者は、貸付されている株式のライツやワラント、またをスピンオフによる株式を受け取ることができますか?

はい。貸付されている株式のライツ、ワラント、スピンオフ株式や分配はすべて株式所有者が受け取ります。

 

貸付されている株式はアクティビティ・ステートメント上にどのように表示されますか?

貸付担保、発行済み株式、アクティビティおよび収入は、以下の6項目に表示されます:


1. 現金詳細 – 開始時の担保(米国国債または現金)残高、貸付アクティビティによる純変化(新しい貸付の場合にはプラス、純利益の場合にはマイナス)および終了時の現金担保残高が記載されます。

 

2. 純株式ポジションのサマリー – 株式ごとにIBKRにおける合計株数、借入られている株数、貸付られている株数および純株数(IBKRでの株数+借入株数+貸付株数)が記載されます。 

 

3. IBKR管理の貸付証券(株式利回り向上プログラム) – 株式利回り向上プログラムで貸付された株式ごとに、貸付株数および金利(%)が記載されます。 

3a. IBSSに保管されるIBKR管理の証券担保(株式利回り向上プログラム) – 証券の貸付用担保として保有される米国国債とその数量、価格、合計価値がIBLLCのお客様のステートメントに表示されます。

 

4. IBKR管理の証券貸付状況 (株式利回り向上プログラム)– 証券ごとに、貸付返却の割当(解約された貸付)、新しい貸付の割当(開始された貸付)、株数、純利子率(%)、お客様の担保への利子率(%)、ならびに担保額の詳細が記載されます。 

 

5. IBKR管理の貸付証券アクティビティ金利詳細 (株式利回り向上プログラム)– 貸付ごとに、IBKRのものとなる利子(%)、IBKRの収入({担保額*金利}/360に相当する、貸付によってIBKRのものとなる収入の合計)、お客様の担保への利子(貸付によってIBKRのものとなる収入の約半分)、ならびにお客様のものとなる利子(お客様の担保への利子)の詳細が記載されます。

注意: この項目はお客様に発生した利子がステートメント期間に1米ドルを超える場合のみに表示されます。   

 

6. 未払い利息 – ここでの利子収入は未払い利息であり、その他の未払い利息と同じように扱われます(集約されますが、1ドルを超えて月ごとに表示される場合のみに未払い利息として記載されます)。年末報告のため、この利息は米国納税者に発行されるForm 1099にレポートされます。

 

米国上場証券オプション終値の決定方法

毎日の取引終了時に米国上場証券オプションをマークする際に弊社で使用している価格(TWSおよびステートメント上)は、オプション清算会社(OCC)の価格を基にしています。 オプション商品の唯一のクリアリング機関として、OCCは取引を決済するメンバー(IBなど)に代わって必要証拠金を計算するため、またポートフォリオ・マージン口座を管理するブローカーの使用するリスクアレイ供給のために、各オプションコントラクトの終値を算出します。

OCCによる終値は編集されるため、参加取引所による終値を反映しないことがありますのでご注意ください。 オプションは数カ所に上場され、また7つの取引所すべてで交換可能であることが多いため(よって毎日異なる価格が7つ出る可能性があります)、まとめたクオートがなく、このために編集が行われます。 このためOCCではすべての取引所で論理的には一環し、また権利行使価格や時間の裁定条件がないことを確認した単一の価格を終了時において設定します。 

価格を設定する際、OCCでは先ずすべての上場取引所におけるもっとも高いビッド価格と最も低いアスク価格の中間点を取ってインプライド・ボラティリティを決定し、オプションのマーク価格を調整する反復プロセスを通じて、インプライド・ボラティリティのカーブをスムーズにします。  また、特定のインザマネーおよびアウトオブザマネーのオプションのボラティリティを制限するための規則もあります。最終的に編集される価格は小数点6桁までになります。 オプションの全体に対する編集価格算出の運用上コストのため、このプロセスはマーケット終了時において、1日1回のみ行われます。

米国証券のオプションポジションの割当てが翌日まで通知されない理由

概観: 

満期日以外の日におけるアメリカスタイルのオプションに対する権利行使通知の処理はリアルタイムではなく、オプション清算会社(OCC)による夜間のバッチ処理の一部として行われます。   処理の流れは定義上、通知が割当てられる顧客に少なくとも1日遅れて行われますが、詳細は以下の様になります: 

  • OCCは通常、清算会員がロングポジションを保有する顧客の代理として、1日を通じて電子的に権利行使通知の送信をすることを許可していますが、 これは通常、夕方(Day E)の重要な処理が開始される前に送信されます。 
  • 夕方のポジション処理の流れの一環として、OCCでは受け取った権利行使通知を、清算会員のオープン金利にランダムに割り当てます。  情報はこの後、OCCによって翌日の早朝(Day E+1)に清算会員に提供されます。 
  • 情報が提供される時点においてIBKRなどの清算業者では、顧客に対して適時の報告を行うため、また証拠金や決済に関する情報を提供するために、その日の取引活動の処理はすでに終わらせています。  またOCCでは、清算会員の顧客のポジションをオムニバス方式(顧客の情報は持たずに清算業者の情報のみ)で行うため、清算会員では特定のポジションを持つ顧客に対し、ランダムに権利行使通知を割当てる必要があります。 
  • IBKRでOCCから割当ての通知を受取り、ランダムな割当て処理を完了させ次第、この割当ては該当する口座のトレーダー・ワークステーションにすぐに表示され、その日の終了時点(E+1)で日次アクティビティ・ステートメントに反映されます。 

また、この処理の流れとロングオプションに残り時間がある可能性のために、IBKRでは引渡し義務をオフセットする手段として割当てられているショートポジションに対するロングオプションのスプレッドに関する権利行使通知を、OCCに自動的に提供することができません。 

口座をお持ちのお客様は、口座申請の時点でオプションの取引資格の対象となるすべてのお客様に対してIBKRよりご提供させていただいている「一般的なオプション取引に掛る商品性とリスクに関するディスクロージャー」をご参照の上、ここに明記される割当てに関するリスクをご確認ください。  こちらのディスクロージャーは、OCC のウェブサイトからもご参照可能です。

ロットの詳細を含めるカスタム・ステートメントの作成

概観: 

アカウント・マネジメントのカスタム・ステートメント画面より、ロットの詳細を含めるステートメントを作成することができます。

新規のアカウント・マネジメント

1. レポート > ステートメントをクリックします。

ステートメントの画面が表示されます。

2. カスタム・ステートメントのパネルにある設定(ギヤ)のアイコンをクリックします。

アクティビティ・ステートメント・テンプレートの画面が表示されます。

3. + のアイコンをクリックして、新しいステートメントのテンプレートを作成します。

4. アクティビティ・ステートメント詳細で、カスタム・ステートメントの名前を入力して出力形式と言語を選択してください。期間も選択するようにとの表示が出ますが、これはステートメントを作成する際に変更することができます。

5. 項目より、カスタム・ステートメントに表示する項目をすべてクリックします。選択された項目にチェックマークが入って表示されます。ロット詳細はオープン・ポジションの項目に記載されますので、こちらのオプションを必ず選択してください。

6. 項目設定より、カスタム・ステートメントでオンにするオプションを選択します。ロット詳細が必ずステートメントに表示されるよう、「ポジション取得時の詳細及びクライアントフィーの詳細を非表示にする」は「いいえ」を選択してください。

7. 続けるをクリックしてください。

8. ステートメント・テンプレートを再確認して作成をクリックします。

今後はステートメント画面のステートメントを作成するから、新しいカスタム・ステートメントを作成することができます。

 

従来のアカウント・マネジメント

1. レポート > アクティビティ > ステートメントをクリックします。

ステートメントの画面が表示されます。

2. 青色の「ステートメントのカスタマイズ」のヘッダーをクリックします。

ステートメントのカスタマイズの項目が拡張/表示されます。

3. ひとつめのドロップダウンメニューより「新規作成」を選択し、「ステートメント名」の欄にカスタム・ステートメントの名前を入力します。

4. 初期項目より、カスタム・ステートメントに表示する項目をすべてクリックします。選択された項目にチェックマークが入って表示されます。ロット詳細はオープン・ポジションの項目に記載されますので、こちらのオプションを必ず選択してください。

5. 項目設定より、カスタム・ステートメントでオンにするオプションを選択します。ロット詳細が必ずステートメントに表示されるよう、「ポジション取得時の詳細及びクライアントフィーの詳細を非表示にする」の項目のチェックマークを外してください

6. ドロップダウンメニューより損益とステートメントのタイプ(アクティビティ・ステートメントを選択してください)、口座番号、アクティビティの期間、形式、ならびに言語を選択してください。優先するアクティビティ期間も選択するようにとの表示が出ますが、これはステートメントを作成する際に変更することができます。

7. 保存をクリックしてください。

今後、ステートメント画面のステートメントを表示するパネルより、「ステートメント」のドロップダウンメニューからご自身の新しいカスタム・ステートメントを選択して、新規カスタム・ステートメントを作成することができます。


 

Syndicate content